スノーボード

スノーボードはアルペン!初心者でもOK?滑り方と道具について

夏はサーフィン、冬はスノーボード!

モテる男が趣味を言う時によく言いますよね。

確かにサーフィンをしている人、スノーボードをしている人のイメージはなんとなくモテる感じがします。

この冬の季節、なにかと飲みごとが多くなる季節。そこにはなにかしらの出会いがあるかもしれません。

そんな時に知ってて損はしないマメ知識。

サーフィンやスノーボードに興味がなくてもその話題に入るだけでも注目を得ることもあります。

もしくはそれがきっかけで始めることなんてもこともあります。

趣味の始まりとはそんなものです。

今回は今の季節しかできないスノーボードの解説をしたいとおもいます。

スノーボード板

出典元リンク

興味があるけど、腰が重くて一歩踏み出すことができない。

それはただ知らないからだけだと思いますので、ぜひこれからの参考にしていただきたい。

【フリースタイルとアルペンスタイル】

スノーボードには大きく分けて、フリースタイルとアルペンスタイルの2種類があるのをご存知ですか?

フリースタイル

フリースタイルは恐らく多くの人が”スノーボード”と聞いて想像するもので、人に魅せるトリックを目的としたスポーツです。

競技としてはハーフパイプ、エアー、スロープスタイルがあります。

動きやすさを重視しているため比較的ダボッとしたウェアが特徴です。

アルペンスタイル

アルペンスタイルは、スピードを殺さずに高速でターンをすることが目的のスポーツです。

オリンピック競技となっているジャイアントスラロームがアルペンスタイルの代表です。

高速のターンを目的としているため、空気抵抗が少ないスパッツのようなタイトなウェアが特徴です。

この2つは目的が違うために、板・ブーツ・バインディングも全く違いますし、互換性もありません。

進行方向がどちらでも良いとされているフリースタイルは、板も上下対象(前方、後方ともまるい)の形状をしていて、幅が広くフレックスがやわらかくなっています。
ブーツもソフトブーツと呼ばれ、やわらかい化学繊維で出来ています。

一方、進行方向が決まっているアルペンは、上下非対称(前方がまるく後方が垂直になっている)の形状をしていて、幅が狭くフレックスが硬くなっています。
ブーツもハードブーツと呼ばれ、一見するとスキーのブーツなのですが樹脂で出来ています。

では、初心者の方は”魅せるトリック”か”スピード”かで選ぶとよいのでしょうか?
個人的な意見ですが、始めに行うとよいのはフリースタイルの方がよいと思います。
何故なら、フリースタイルのボードやブーツの方がやわらかいため扱いやすいく、初めの課題がスピードに慣れることだからです。

アルペンスタイルはスピードに的を絞っているため、ある程度スノーボードの滑走に慣れている方でないと上達も難しいのではないでしょうか。
初めて免許を取った方がフェラーリを運転するようなもです。

スピードを出したいと思っている方も初めは、フリースタイルの板で練習してみて、物足りないと感じるようになったらアルペンに以降するとよいでしょう。
フリースタイルでも十分スピードも出ますし、スピードをだすために必要な滑り方である”カービングの練習”にも初めはフリースタイルの方が向いていると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスノーボードのアルペンスタイルとフリースタイルについてご紹介しました。

これからシーズンインです。

楽しくスノーボードをやりましょう!

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP