スキー インストラクター

スキーのインストラクターになるために必要な資格とは

スキーインストラクターを夢見ている方も多い。

冬の定番スポーツとして定着したスキーを楽しく教えてくれるスキーインストラクターに憧れる。

こう考えスキーインストラクターになろうとした。

しかし、どうすればなれるのだろうか?

とりあえず、求人に目を通すと、SAJSIAといった資格が必要と書かれている求人を多く目にするだろう。

SAJやSIAとは何だと?

(当然の疑問だ)

実はこれらはスキーインストラクターになるのに優位になる資格である。

というか、どこの求人も今やこれらの資格が必要と書いてある場合が多い。

なので、スキーインストラクターになりたければまずは、これらの資格を取ることが近道であると言えるだろう。

ふむ、少し面倒だなと思ったかな?

しかし、きちんと学び、知識豊富な経験を持っている方が信頼されるのはどこの業界も一緒だろう。

(教わる側の安心安全のためだ)

ふぐを調理するのに資格がなければ多くの死人を出すように、スキーインストラクターも下手をすれば怪我人を出し、死を招くこともある。

そんなことを回避するためにはきちんとした知識と経験が必要だ。

それが、今回、話す資格だ。

それでは、スキーインストラクターとなるには資格を取ることが近道だというお話をさせていただこう。

スキーのインストラクターに必要な資格

全日本スキー連盟(SAJ)

SAJ

まず、SAJについて話そう。

SAJとは「全日本スキー連盟」のことだ。

このSAJに「SAJ準指導員」、「SAJ指導員」という資格がある。

SAJ準指導員

この「SAJ準指導員」は20歳以上でSAJの会員であり、かつ、スキーバッジテスト(技能テスト)1級を取得しておかなければ受験することができない。

なので、必ずこれらの条件を得ておこう。

この「SAJ準指導員」にはスキーの技術はもちろんスキーの楽しみ方や魅力を教えることができる能力を求められる。

SAJ指導員

次に「SAJ指導員」について話そう。

「SAJ指導員」は23歳以上であり、「SAJ準指導員」の資格を持っていること、そして、「SAJ準指導員」の資格を取得してから(取得年を含まず)満2年以上経過しなければ受験することができない。

つまり、これを受験するにはスキーバッチテスト1級を取得し、「SAJ準指導員」の資格を持っていなければいけないという長い道のりだ。

しかし、この資格があればスキーインストラクターとして求人に引っかかりやすくはなるはずだ。

日本職業スキー教師協会(SIA)

日本職業スキー教師協会

そして次に、SIAについて話そう。

SIAとは「日本職業スキー教師協会」のことだ。

このSIAはスキーを始め多くのスノースポーツの技術指導を目的としている。

つまり、教師として多くの方々に楽しさや魅力、そしてスノースポーツの安全を教えている。

そのなかでスキーは、スキー教師ステージⅠ・ステージⅡ・ステージⅢの3つの資格があり、教師資格を取得するにはSIAの公認スキー学校に所属する必要がある。

そこで多くを学びスキー教師になるのならステージⅠから順に合格していくことになる。

また、これらの情報は変更等される場合があるので常に最新の情報を確認しておこう。

まとめ

さて、どうだったかな?

スキーのインストラクターになるのもなかなか長い道のりだ。

しかし、それ故に安心して任せれ、信頼に足るスキーインストラクターとなれるのだろう。

それでは、興味を惹かれたのならぜひ、スキーインストラクターの門を叩いてみてください。

楽天ランキング「スキー」トップ5


カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP