スキー キッズスクール

スキーに一泊!子供と一緒に家族旅行を計画しよう!

冬の家族旅行にスキー

そう計画しているあなただが、どのスキー場にしようか悩んでいないかな?

また、一泊の泊りがけの旅行を考えているならホテルのサービスも気になるはずだ。

そんな、あなたに朗報だ!
今回の話は子どもと行くスキー場の選び方についてお話ししよう!

ありがとう。

拍手喝采

(拍手が鳴りやまない)

それほど、子どもに楽しいスキーを味わってほしいということだろう。

(親心に乾杯)

その親心で私にも接してほしい。

なに!?もう接していると??
なんと!?

驚く

(それほど、甘えている姿をさらしていないはずだ)

ふむ、信じられないと?
まだ、上があるのかと?

(当然だ)

私の全力の甘えはまだ先がある。

満面の笑みの男

(化け物め)

今の甘えは15%ほどだ。

(ギブアップ)

子どもよりひどい甘えだと?

(当たり前だ)

この私が子どもに負けるはずがないだろう。

行き倒れいいね!

(子どもに全力で張り合うダメ大人の象徴)

さて、私の全力の甘えに挑みたいという方はぜひ、ご一報してほしい。

気合い

(いつでも、受けて立とう)

世界中の猛者の連絡を待っている!

(誰も挑まない、というより、相手にしない)

さて、それでは、本題に移ろう。

(脱線話で疲労困憊だ)

どうしたのだ?
疲れたような顔をして。

(なるほど)

子どもの甘えについていけてないのか。

(お前の甘えにだ)

そんなことでは、私に挑むのはまだ先になりそうだ。

(相手にしたら負けだ、無視だ)

では、そんな子どもと行くスキー場の選び方についてのお話を始めさせていただこう。

子供と行くスキー場の選び方

宿泊先やゲレンデへのアクセスに注目

まず、一泊などの泊りで行くならホテルのサービス、そして、ホテルからゲレンデのアクセスの良さに注目しよう。

すぐ、スキーを楽しめ、疲れたら休憩室代わりにもなるので子どもと一緒でも快適さを感じることができる。

そして、チェックイン前の時間帯以外でも宿泊者なら利用可能サービスがあるかもチェックしておこう。

先の述べた休憩室の利用やスキー用具の荷物の預かりなどだ。
これを確かめなければチェックインは15時から、チェックアウトは10時といった宿泊施設が多いので、1泊程度ならあまり、ホテルのサービスが利用できない場合があるので、チェックイン前などでもホテルのサービスを利用できるかチェックするのは必須だ。

また、食事やリフト券をサービスしてくれる宿泊施設もあるので、きちんと確認しておこう。

子供のためのキッズスクール

スキー キッズスクール

次に、スキー場にキッズゲレンデやキッズスクールがあるかもチェックしておこう。
初心者の子どもを安心して遊ばせるには必要不可欠なサービスだ。

次は、子どもサイズがそろったスキー各種の道具のレンタルがあるか確認しておこう。
これは言わずとも分かっているはずだが、きちんとしたサイズでスキーに挑まなければ快適なスキーができない。
なので、子どもサイズの充実したレンタルがされているか確認しておこう。

まとめ

さて、どうだったかな?
この他にも、スキー場によっては小学生以下はリフト代無料としているスキー場もある。
ぜひ、これらを確認し、楽しい家族の思い出の1ページを飾ってほしい。
子どもがまた、スキーをしたいと言ってくれたならそれはあなたが練りに練った家族旅行の成功を意味している。
ぜひ、もう一度来たくなるスキー旅行としてください。

楽天ランキング「スキー&子供」関連トップ5


カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP