焚き火

キャンプで焚き火を楽しむ為に用意するものと片付け方

キャンプの楽しみの一つ「焚き火」

キャンプ時の焚き火は欠かせないものです。

キャンプファイヤーも楽しい思い出の1つですが、料理をする、暖をとるだけでなく、心がホッと温まるのが焚き火の良さでもあります。

キャンパーにとっては当たり前の焚き火でも、最近は少し困った問題も起きているようです。

焚き火をする際のマナーが守れない?

最近では、直火の使用を禁止するキャンプ場が増えてきています。
自然環境を配慮する理由からだといわれていますが、実際のところはキャンプ場が汚れる、ほかのキャンパーが迷惑している、といったキャンプ場の管理側の都合が大きいようです。

数年前、都内のバーベキュー会場でもゴミの後始末やマナーの悪さが問題になりましたが、手軽に楽しめることでキャンプ人口も増えた今、キャンプには欠かせない焚き火だからこそ、最低限の学習をしてマナーを守ることで、気持ち良く退場できるのではないでしょうか。

火起こしを学ぶことは大切と考えるなら、後始末はもっと大切だと考えるべきですね。
そんなあなたのために焚き火のやり方、片付けの方法、必要な持ち物等焚き火のマナーについてご紹介します。

焚き火をするために必要な道具

軍手

アウトドア用の皮手袋もありますが、煤や泥でかなり汚れるので、洗って使うことを考えても軍手は安くて丈夫なのでOKです。

なた

刃渡り20cm程度のものが手頃なサイズで、ホームセンターなどで販売されているもので十分でしょう。

ライター(マッチ)

原始人のように木をこすって火起こしに挑戦しても、なかなか難しいもの。
長さのあるチャッカマンが便利で、予備を含め2本は用意しておくと良いでしょう。

火ばさみ

料理をする際、火力を調節するために燃えている薪を掴んだりしますから、あると便利ですね。

焚き火を手軽にする場合、薪はキャンプ場でも売っているので便利です。
自然の中で、本格的に焚き火をしたい場合は雑木林であれば枯れ枝が結構あるので、お子さんに手伝ってもらうなどして薪拾いから頑張ってみましょう。

焚き火を扱うには

キャンプの薪

焚き火は楽しいものですが、キャンプファイヤーのように必要以上に炎を大きくするのは危険です。
大きくなってしまった火を簡単に消すことはできませんし、山火事でも起こしたら一大事です。

火起こしした後、火が燃え始めてから新聞紙や枯れ葉を入れて燃やすと、灰となって飛散しやすいため、周囲にも迷惑となります。
燃やすのは薪だけにしておきましょう。

また、うちわであおぐのも、火の勢いをつけるためにはやりたいところですが、やり過ぎるとテントが灰だらけになる可能性もありますから、注意が必要です。
薪は完全に灰になるまで燃やすことで後始末も楽になるので、帰りの時間が近づいたら薪の量をコントロールしたほうが良いですね。

完璧な後始末が出来てこそ焚き火は成功

残った灰に水をかけ、泥状にしてからビニール袋に入れて捨てましょう。
直火で行った場合、かまどの石はバラして捨て、焚き火をした場所は枯れ草などで目立たないように隠します。
次に来る人の迷惑にならないようにするのは基本です。

キャンプテント

当然ですが、キャンプ場も河原も自分たちの所有物ではありません。
自然を借りて楽しませてもらったのですから、きちんと自然に返す気持ちを忘れてはいけませんね。
お子さんを連れてキャンプをした場合、このような説明をして教えてあげることで、お子さんもマナーを守れる大人になるはずです。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP