スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)とノーマルタイヤ(夏タイヤ)の見分け方

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤ

簡単に説明すれば、タイヤのサイドウォールに「STUDLESS」、「SNOW」、「 M&S」、「 M+S」( mud&snow)などの表示があるので、タイヤを確認すれば一目瞭然。

それかタイヤの表面を見る。

タイヤ

1ブロックあたりにたくさんの細かい溝ある。

遠目からでもわかるくらいなので、ノーマルタイヤとの判別はしやすい。

もう少し噛み砕いて説明すると、スタッドレスタイヤとは「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤということ。

以前は、タイヤに鋲のついたスパイクタイヤが主流だったが、道路への悪影響や、路面を削りながら走ることによる粉塵などから使用されなくなった。

現在では、鋲がないスタッドレスタイヤが主流となり、様々な技術によって日々進化し、より冬道を安全にする工夫が施されている。

特にダンロップ社のスタッドレスタイヤは独自の技術を用い、ドライバーと同乗者の安全を守るために、より優れた走行性能、制動・グリップ性能を持つスタッドレスタイヤを開発している。

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)とノーマルタイヤ(夏タイヤ)の違い

スタッドレスタイヤと夏タイヤの大きく異なる点は、「ゴムの質」である。

スタッドレスタイヤのゴムは、過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、低温域でもしなやかさを保つ事が出来る性質を持っている。

さらに、滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫も施されている。

スタッドレスタイヤの見分け方

凍結した道路・冬道が滑る原因は水

冬道の滑りの原因は、路面の氷上にできた水膜で、水膜は車が氷の上を走ると、車重が氷に圧力をかけ水分が溶け出すことによって生じるタイヤと水の接触で起きる滑り。

スタッドレスタイヤ

0℃~-10℃で氷は溶け出しやすく最も滑りやすい状態になる。

温度がさらに低い状態であれば逆に水は溶け出しにくく滑りにくくもなる。

水以外での滑りを誘発する要素

温度が下がると水は溶け出しにくくなるが、ゴムの性質上、低温で硬くなってしまうと滑りやすくなる。

本来凸凹であるタイヤのゴムの表面は、柔軟に路面に密着し、接地面積を増やすことでグリップ力を維持している。

しかし、低温時に硬化したゴムは、路面に密着しにくくなってしまい接地面積の減少につながり、「滑り」を誘発する。

楽天ランキング「スタッドレスタイヤ」トップ5


カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP