トロフィーや賞状

小学生の自由研究で優秀作品に選ばれるのはどんな作品?

自由研究で優秀作品を目指そう!

夏休みは子供にとっては長くて楽しいものでもありますが、親にはちょっと頭の痛いところでもあります。
その理由の1つが夏休みの宿題。
中でも自由研究は自分も苦手で、子供の頃は苦労したという親御さんが多いことでしょう。

自由研究は、学校に提出した後は展示され、優秀な作品は市区町村が開催する作品展に出品されることがあります。
そして、さらに優秀な作品に選ばれると賞がもらえます。

自由研究を「ただやって出せばいい」ものにしないで、お子さんをサポートしながら今年は優秀作品を目指してみませんか?

子供が勉強の打ち込む姿

どんな作品が受賞しているの?

まずはテーマ選びから苦しむところだと思いますが、選ばれる作品は「〇○について」というような大きなテーマにはしていないことがわかります。
調べてみたいことにテーマをギュッと絞ったものが目に留まります。

小学生の過去の最優秀作品をいくつかご紹介しましょう。

鳥の翼と滑空時間(小学6年生の作品)

大きな翼を広げるだけで優雅に飛ぶ、トンビや鷲を問題にして、羽ばたかなくても飛ぶことができる翼の形に着目。
翼の形だけに焦点を絞り、発砲スチロールで作った翼のモデルを使って粘り強く実験し、結論を見出していました。

豆が煮豆に変わるとき(小学5年生の作品)

豆は生き物だけど、水を加えて長時間加熱して炊き上げると煮豆として食べ物になる。
どの時点で食べ物になるのだろうと、誰もが見過ごす疑問を持って、根気強く実験や観察をしました。
丹念な実験と根気強さで結論を見出したことが高い評価を得ていました。

アゲハの実験と観察(小学4年生の作品)

アゲハを長年飼育したことで、より詳しく観察もできたようです。
「水を飲ませれば大きく育つのでは?」「いつ、どんな条件でサナギの色は決まる?」など、子供なりの疑問を元に実験、観察した結果やその努力が高く評価されていました。

コメツキムシのジャンプ(小学2年生の作品)

コメツキムシという昆虫がシャンプしてひっくり返ったことに興味を持ち、粘り強い研究をしていました。
ひっくり返る動きの1つ1つを動画撮影したり、妹の協力を得ながら解決までたどり着いた力作です。

オオクワガタの生態と温度に関する研究

成虫の冬眠から観察を始め、卵から数代に渡り飼育して、成長を続けて観察しています。
疑問が1つ解決しても、それで終わりにしない。
次の疑問をテーマに研究をして、実験や観察方法を工夫している点が高く評価されていました。

とことん追求・探究することが大切!

いかがでしょうか?
優秀作品を見ると単なる観察や実験で終わらず、疑問点や問題点に対してとことん追求・探求していることがわかります。

自由研究は「自由」なのです。

身近な生活の中から生まれる疑問や地球、生物、植物、宇宙、歴史・・・興味のあること、調べてみたいことがそのまま自由研究として成り立つのです。
自由研究が得意な子は、日頃から好奇心旺盛な子、チャレンジ精神のある子、すぐに諦めない粘り強さを持つ子、だといえるでしょう。

「それじゃ、うちの子はダメだ」などと諦めずに、何気なく生活している毎日でもいろいろなことに興味を持つよう仕向けたり、初めてのことに挑戦するチャンスを与えることで、自由研究も自らやりたいことが見つかるようになるでしょう。

楽天ランキング「自由研究 コンクール」関連トップ5

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP