神社

喪中の初詣はどうする?神社とお寺で死の考え方が違うって本当?


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング


【喪中の初詣。どうする?】

年内に身内に不幸があった場合は喪中になる。

喪中になると「一切の初詣は厳禁」と世間では認識がある。

木造の廊下

確かに身内の不幸時に、浮かれて初詣などいけるものではない。

だが、お寺では喪中でも初詣が許されている。一方神社は基本的にはNGである。

それはお寺と神社での「死」に関する捉え方が影響しているからである。

【お寺と神社の死に対する考え方の違い】

多くの神社は、「死」を穢れと考えている。

穢れとは「汚れ」とは違い、この場合の穢れとは「気枯れ」と書き「身内の死により悲しみで気力がなくなってしまっている状態」を指す。

この「穢れである」と考えられている期間=「忌中」は神社の本殿に参拝することはもちろん鳥居をくぐってもいけないと言われている。

そのため初詣が忌中に重なる場合は神社への参拝ができないとされている。

「穢れ」の期間に鳥居をくぐったり、拝殿への参拝が良くないとされている理由としては「穢れは伝染する」と考えられているからである。

一方お寺では死を穢れとは考えず、お葬式をお寺で行うこともある。

また、葬式後の節目の法要(初七日や四十九日)もお坊さんがいなくては始まりません。

むしろ、身内の方が亡くなったあと初めての初詣にはお寺にいって手を合わせ冥福をお祈りすべき時ともいえるでしょう。

【喪中期間の厄祓い】

神社で行うのは厄祓い、お寺は厄除けとなる。どちらに効果があるということではなく、厄年の方の信仰や地域の風習に従うのが良いとされている。

厄除けをする宗派のお寺であれば喪中関係なく厄除けをしてくれる。

日頃からの信仰で、神社で厄祓いをしたいという場合、亡くなってから最大でも50日過ぎれば、忌明けとされ神社で厄祓いを受けることができる。

また、神社によっては「祓え」をうければ、厄祓いできるとするところもある。


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブーム…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

リンク

カスタム検索

PAGE TOP