年賀はがき

喪中の挨拶の例文をご紹介します!

【喪中の挨拶、また喪中はがきの例文は?】

【どこからが喪中?】

身内や親族に不幸があった時、どこから喪中といえるのか難しく考える場合があると思います。

悲しむ女性

出典元リンク

一般的には「2親等以内」と考えるのが普通です。

個人との続柄ですが、0親等は夫や妻、

1親等は父母(配偶者の父母含む)、子供です。

2親等は兄弟、祖父母、兄弟、姉妹の配偶者、祖父母となっています。

この中で不幸があった場合は喪中と考えます。

3親等以上に関しては、故人との付き合いを踏まえて喪に服すというのが一般的なようです。

このようにこれらにかかわらず、故人と生前の付き合いの程度によって変わるようです。

【喪中の挨拶は?】

通常、12月や年末に不幸があった場合は覗き、それ以前に不幸があった場合には年賀はがきを頂いている人には挨拶を送るようにしましょう。

年賀状が発売されるのが11月ですから、早くて11月半ばくらいから、遅くとも郵便局の年賀状受付がはじまる12月半ばまでには、喪中はがきを出しておきたいところです。

また、お知らせをする際には、「お祝いごとの語句を控える」必要があります。

例えて言うと祝うという意味を含めた「賀」、「祝」、「慶」などの文字を使うのは避けることです。

「新年のご挨拶を」という書き方などが好ましいでしょう。

【喪中はがきの例文】

では、喪中はがきの例文はどのようにすればよいでしょうか。

「喪中につき新年(年末年始)のご挨拶を控えさせて頂きます」

「喪中につき新年(年末年始)のご挨拶をご遠慮させて頂きます」

などの始まりがよいでしょう。

また社用の場合には、「◯◯の喪中につき、新年のご挨拶を控えさせて(ご遠慮させて)頂きます」とするのも一般的です。

例文を見てみますと、「亡◯が永眠いたしました」と年月や故人を記さない場合や、「◯月◯日◯が永眠致しました」「◯月◯日◯ ◯◯◯が永眠致しました」など様々な書き方があり、それはどれも相手に失礼にはあたりません。

その後当年の感謝や来年へのご挨拶を入れる文章が一般的です。

「本年中賜りましたご厚情を感謝申し上げ~」「来年も変わらぬご厚誼を~」という風に、はがきにご挨拶を記すのがよいでしょう。

また季節柄の大事を気遣うように、「お体にご自愛ください」などを最後に文章に含めるのもよいでしょう。

【もし年賀はがきが来てしまったら?】

毎年送られてくる方から年賀状を頂いたり、身内の不幸が年末にあった場合など相手方から年賀はがきが送られてくることもあるでしょう。

その場合はどうしたらよいのでしょうか。

まず礼状を感謝する、と言った具合に「年賀状を頂き」と祝の言葉を含めないほうがよいでしょう。

つまり「ご礼状を頂きまして感謝申し上げます」と言った文章です。

そして、身内の他界も「永眠致しましたため、ご挨拶を控えさせて頂いておりました」と祝賀の言葉を使わないのがよいでしょう。

それから、失礼をお詫びする文章と、今後のご挨拶などを文末に添えるといった形が読みやすく、相手方にも良く伝わるので一般的です。

メールなどの普及により年ごとに少なくなっている年賀状ですが、年賀状しか付き合いのない方も多いことでしょう。

それだからこそ、このような挨拶はきちんとしておきたいところですね。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP