宮島大鳥居

喪中に鳥居をくぐってはいけない?本当の理由とは??

【喪中に鳥居をくぐることはダメな事?】

よく、「喪中だから鳥居をくぐることはダメ」と言いますよね。
実はこれ、多くの方が誤解して解釈をしているんです。

鳥居

 「喪中だから鳥居をくぐってはいけない」というのは、「忌中だから神社を参拝してはいけない」ということを、比喩的に表現したものです。

喪中だから鳥居をくぐらないでいよう・・・と、鳥居の前で立ち尽くしてしまうのも、何だか恥ずかしいですよね。

しかし、「忌中なのに神社に参拝しちゃった!!」なんてこともあるかと思います。
そんな時は、参拝した神社に連絡を入れて事情をきちんと話して、お祓いしてもらうと良いかもしれません。

そんな時間もないよ!という方は、忌中期間の50日が過ぎたら、神様に謝りに行くという意味で神社に参拝してみると良いです。

私自身、「喪中だから鳥居をくぐってはいけない」というのは、忌中だから神社を参拝してはいけないという事を比喩的に表現したものだと知りませんでした。

【これから参拝したい時はどうする?】

「どうしても参拝をしたい!」と考える方もいるかと思いますが、50日間の忌中はやはり、避けた方が良いと思います。

しかし、喪中の1年は参拝も大丈夫だと考えて良いですし、旅行に行ったり結婚式に参加しても大丈夫です。

喪中と忌中の区別もよく分からなかったのですが、私たちが考えていた「喪中期間に行ってはいけないこと」は、「忌中期間に行ってはいけないこと」だったのですね!

【なぜ忌中期間は神社に行ってはダメなのか?】

ここまで何度も忌明けするまでは神社に行ってはならないと解説してきましたが、そもそもその理由とは何なのでしょうか!?

 「死」は穢れ。神道において「死」は「穢れ」ととらえます。「穢れ」というと「汚れ」という字が連想されて、じゃあ死んだ人間は汚らわしいのか?という思いになりますよね。

そうではなくて「ケガレ」とは「穢れ」、すなわち、正常(清浄)や理想の状態でなくなることを意味します。

同時に「気枯れ」、生きる力がなくなったという意味あります。

神社は神様がいらっしゃる清い場所。その清いところに正常(清浄)でなくなったものを持ち込んではならないとするのが神道の考え方です。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP