年賀状

喪中に年賀状を出してしまったときの返信やマナーをご紹介します

【喪中の挨拶と年賀状のマナーとは?】

年末が近づくと支度をするもののひとつに年賀状があります。

近年枚数は減っているものの、やはり御世話になった方には出すものとして慣習になっています。

門松

そして身内の方が亡くなられた場合の喪中についても挨拶や対応のマナーがありますが、それぞれどのようなものなのでしょうか。

喪中の起源や、またはがき、年賀状について大切なポイントをご紹介していきたいと思います。

【そもそも喪中の起源は?】

日本に限らず世界各国では近親者が亡くなった場合、生活を慎み、故人に哀悼することを喪に服す=服喪で、「喪中」といいます。

ですが各国や、日本国内でもその喪中の中身は多種で、慣習的なものが多いのです。

【喪に服す期間はどれくらい?】

さて、喪中に服す期間はどれくらいでしょうか。

基本的には故人の関係から2親等以内が喪に服すと考えられていますが、近年では別居、同居によっても異なり、生前の付き合いからこれに当てはまらないケースもあります。

いずれもマナー違反ではないので、個人個人の差による事が多いです。

【喪中の場合の挨拶は?】

喪中はがきとは正式には年賀欠礼状というものです。

喪中はがきというと訃報のお知らせだったりと受け止めてしまいがちですが、本来はそういう事より「喪中につき新年の挨拶を失礼させていただきます」と書くのが一般的です。

喪中欠礼状の書き方には最近、会社向けと故人宛てにそれぞれ書くということも出てきました。

【喪中の場合年賀状は?】

喪中の場合挨拶として年始状を書きたい方もいらっしゃると思います。

その際は「寒中見舞い」として出すのがよいでしょう。

寒中はおおよそ1月7日以降です。

その時もおめでたい語句(謹、賀、喜 慶など)のおめでたい語句を入れず、日頃の感謝をメインに書くことが理想です。

【喪中の場合年賀状は受け取れる?】

この場合は、マナー違反にはあたらないのです。

年賀状は失礼だと考える方もいますが、受け取るものはマナーがないというものではありません。

年賀状ならぬ年始状を受け取りたい場合は、喪中はがきにその旨を相手方に伝えたり、近況報告をしてもらいたい場合もあります。

喪中で年賀はがきを出すのはマナー違反ではないですが、出す方はお祝いの言葉はなるだけ控えて、励ましや哀悼の意、身体への気遣いの言葉をいれるとよいでしょう。

【喪中を知らずに年賀状を出してしまったら】

年末に亡くなった故人の家族からの喪中はがきの行き違いで喪中の方に年賀状を出してしまう場合もあると思います。

この場合は松が明けて寒中見舞いの季節までにお詫びの返信をするのがよいでしょう。

ですがこの場合日数がかかりますので、出来れば喪中がわかった段階でお詫びのはがきを送るのがベターです。

また寒中見舞いなどで返信がかえってきた場合にも、改めてお詫びの寒中見舞いを返信しましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

喪中はがきいうのは正式にボーダーラインがないため難しいところがありますね。

年々年賀状は減りますが、年に1回のものですから、先方に気持ちのこもった年賀状などを出したいものです。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP