ナビ

渋滞情報はナビで!カーナビの渋滞情報収集の仕組みを考察します!

渋滞情報にはナビを!

9月のシルバーウィークが近づいてきました。このお休みを利用して、車で遠出する方もいるのではないでしょうか?

渋滞

車で遠出する人が増えると道路が渋滞します。渋滞に引っかかるとせっかくの楽しい旅行が台無しです。本当にウンザリです。
本記事では、渋滞情報とナビについて考察します。

ナビとは?

正式名称を、「カーナビゲーション・システム」といいます。略して「カーナビ」「ナビ」と呼ばれています。
GPS衛生から送られてくる位置情報が基本です。
経路案内は、詳細な道路情報を含んだ地図データを内蔵することにより、ドライバーに対して目的地までの進む道を教えています。
内蔵の地図は、多くがカラー化された液晶ディスプレイ上に表示され、加えて合成音声による進路の案内が行えます。
製品によっては渋滞情報や空き駐車場情報の提供や、目標物の擬似立体表示などの付加的機能が備わっているものもあり、大変に便利な時代になりました。

VICSによる渋滞情報

VICSの仕組み

出典元リンク

VICS(Vehicle Information Communication System)は、ドライバーに対して、リアルタイムに交通情報を提供する道路交通情報通信システムです。
道路の渋滞状況や駐車場の満車状況などを前もって把握することができます。
VICSの利用には専用の受信機が必要となりますが、サービス自体の使用料は無料です。
現在、販売されていますカーナビゲーションシステムは、ほとんどがVICSに対応しており、受信機を併せて用意、または購入することによって、サービスの利用が可能になります。

冗談のような本当の話

何かのテレビ番組で、ある検証をしていました。A点から同時に2台の車が出発して、1号車はナビを見ながら高速道路だけを使って渋滞情報を聞きながらB点に着く、2号車はナビを使って一般道だけを使ってB点に着く。
結果、数分の違いで1号車が勝ちました。
ようするに、ナビを使用すれば、どちらも、早さは、そう変わらないということです。渋滞に関しては、あまり変わらないという事ですね。

まとめ

ナビは自動で道案内をしてくれる便利なツールです。
既に私たちの運転に欠かせない物になっています。
しかし、所詮は機械なので過信は禁物です。ナビ情報が古かったり、GPSの受信に時間がかかったりする場合があります。
また、ナビを見ていて「わき見運転」をした結果、事故を起こすこともあります。
くれぐれも安全運転を心がけてくださいね。

楽天ランキング「渋滞」関連トップ5


Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ツール・ラクポン

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP