マスクをしている女性

インフルエンザの注射の料金ってどう決めてるの?その値段は?

冬になると流行るインフルエンザ。
インフルエンザはかかると周りの人への感染も強力であることから、出勤・登校停止になってしまいますね。
それを避けるためにも予防接種を受ける人が多いと思います。

そんなインフルエンザの予防接種ですが、注射料金はどのように決めているんでしょうか?
みなさんは平均価格を知っていますか?
今回は、インフルエンザの注射の値段から、原価までお話しようと思います。

インフルエンザの流行時期とは?

インフルエンザの流行時期は一般的には12月~3月くらいまでと言われています。
その為、インフルエンザの予防接種11月~12月中旬くらいが望ましいとされています。

気になるインフルエンザ予防接種の料金っていくら?

インフルエンザの料金1

これは病院によって多少異なります。
その理由は予防接種は自由診療だからです。
その為、病院は独自に料金の設定が行えます。

取り扱う予防接種のワクチンはどこの病院でも基本的は同じですが、その料金の違いはメーカーの違いや成分の違い、仕入価格により予防接種の料金が変動しています。
細かく言うとワクチンの購入費、診察の費用、注射器の費用、事務や看護婦、医師などの人件費、そして固定資産税など病院経営に必要なものを勘案して決められています。

一般的に大人の予防接種は3000円~4000円くらいです。

子供の予防接種は大人と異なるため注意しよう!

子供の場合、大人と料金が異なります。
子供の予防接種は二回打つ必要がある為、大人と若干料金が違います。
一回目は2000円~3000円という病院が多く、二回目は一回目より料金が安くなるケースが多いです。
なかには二回目の予防接種は無料という病院も存在します。

インフルエンザワクチンの原価は?

インフルエンザワクチン

世の中には大きくまとめると二種類の仕事に分けられます。
それは製造と販売です。
作ると売るで経済は成り立っているのです。

それは病院も同じであり、今回の題目としたインフルエンザワクチンも病院の商売道具のひとつであります。
一回当たりのワクチンの製造原価は、およそ350円です。
そこからいろいろな業者を経て、医療機関に入ってくるころには、およそ1000円となっており、それを、平均で3000円程度で摂取する形になります。

ここで、医療機関は2000円のプラスとなりそうですが、医療機関側は、医者などの人件費や注射器などのコストもあるため、さほど儲けは出ていないのが現実です。
稀に良心的な病院だとインフルエンザワクチンを1000円などの低価格で料金設定している病院がありますが、それは赤字で提供していることになります。

インフルエンザ料金2

まとめ

いかがでしたか?
インフルエンザワクチンの注射料金について理解していただけたでしょうか?
インフルエンザにかからないためにも、かかっても症状を軽減させるためにもインフルエンザの予防接種を受けておくことをおすすめします。

楽天ランキング「インフルエンザ」トップ5

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP