インフルエンザのウィルスの種類

インフルエンザの型の種類とは?分類と型別症状について

ご存じだろうか?
毎年冬になると脅威となるインフルエンザ。
それにはつの種類があることを。

テレビの情報番組やニュースなんかを見ていると、今年のインフルエンザは何型インフルエンザが各地で猛威をふるっているとよく伝えられるが、インフルエンザの種類には大きく分けて3つある。
今回はそんなインフルエンザの型の種類の分類と、型別の症状についてお話させていただこうと思う。

インフルエンザの種類と型別症状とは?

インフルエンザA型

インフルエンザA型

インフルエンザA型は毎年感染の主体となっていて、症状も風邪とは違った重い喉の痛みや酷い鼻づまり、頭痛、高熱が出る。
予防するワクチンもA型に対抗するため毎年出来るだけ用意されているが、免疫が適用されず感染してしまうケースが多々ある。
それはなぜか?というと、A型は媒体を通してウイルスが進化していき、新型インフルエンザとなってワクチンが作られる前に感染してしまうからである。

例えば、鳥に感染したウイルスがそのまま豚へと感染し、豚から人へとうつってしまうのが主な感染の流れである。
抗体が作られたウイルスも、他の動物からでたウイルスと結合されて凶悪なウイルスへと進化することがあり、抗体が体内で作られるようになっても、その効能はあまり長く継続されず、少し年月が経過してしまうと効果が切れてしまうので再び感染してしまうのだ。

インフルエンザB型

インフルエンザB型

世界的に大きく感染が広まったことがないのがB型タイプである。
A型と違い、人同士の間でしか感染しないので、一度感染したり、予防接種による抗体を作ると効果が長く続く。

そのため、B型の感染がみられても、あまり範囲は広がっていかずに小さな範囲で収束してしますケースが多い。

発症するとA型と違って、消化器系に異変が生じるので、どちらを発症したのか判断が付きやすい。
病自体もA型よりも弱いので、日頃から健康に過ごしていれば感染してもすぐに治るのも大きく感染流行しない要因の一つと言われている。

インフルエンザC型

インフルエンザC型

このウイルスタイプは四歳以下の幼児に感染するが、体調に大きく異変が現れるわけでもなく、鼻水がよくでる鼻かぜのようになるくらいでその症状がでない時もある。

免疫は一生継続すると言われており、感染したことがある人がもう一度感染することはまず無く、大人でこの型に感染する人はほぼいないと言われている。

インフルエンザにしては感染力も症状も軽いのでC型インフルエンザと呼ばれ、他の二つとは別の病タイプとして扱われることが多い。

まとめ

いかがでしたか?

インフルエンザの3つの種類とその症状についてお分かりいただけただろうか?
これからはインフルエンザが蔓延する時期になるので、手洗い・うがいをして予防に努めてくださいね。

楽天ランキング「インフルエンザ 予防」トップ5

1
通勤・通学中に… インフルバリア飴 10粒入り【30袋set】=ケース(インフルエンザ対策 インフルエンザ予防) upup7

レビュー(3)
13,371円





カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP