予防接種のワクチン

インフルエンザにリレンザ!副作用の症状は異常行動?

【インフルエンザの治療薬 リレンザについて】

冬になると流行するインフルエンザ。

2009年には世界的に大流行しましたが、それを境にタミフルからインフルエンザへはリレンザが処方する場合が増えてきました。

インフルエンザで寝込む女の子

理由はやはりその副作用にあると考えられますが、タミフルとの違いやリレンザの危険性も勿論あるのです。

今回はリレンザ(インフルエンザ治療薬)の解説をしていきたいと思います。

【リレンザの特徴】

リレンザの特徴はなんといっても「吸入薬」である事が挙げられると思います。

インフルエンザの症状の特徴である喉や鼻など気管支に通じる薬として登場したのがリレンザです。

気管支に発生するインフルエンザウィルスに吸入することで直接働きかけ、ウィルスを撃退しその症状を和らげるというものです。

そのウィルス撃退効果によって高熱や倦怠も無くそうとうのがリレンザの特徴と言えそうです。

水無しで服用する事が可能で、服用する場所が限定されないという事も挙げられます。

【リレンザは年齢によって処方の違いがある】

このようなリレンザという吸入タイプのインフルエンザ治療薬ですが、処方される年齢にも制限があるのです。

それは吸入薬というところによるものも大きいと思われます。

錠剤タイプのタミフルと違い、まず5歳児以下には処方されず、10歳未満にも推奨はされません。

これは粉を口から吸入するといった服用が難しいといった事が挙げられます。

また、タミフルにあるように異常行動などの事故が起こる可能性もあるため、10歳未満の子供が服用する場合は必ず服用に際しての報告が義務付けられています。

逆に10代にはタミフルによる事故が多く報告されているため、厚生労働省からの指導もあり10代の人がインフルエンザにかかった場合はリレンザが処方される事になるようです。

【リレンザの副作用】

まだ新しくインフルエンザ治療薬として処方されるようになったリレンザですが、どのような副作用が考えられるのでしょうか。

リレンザによって異常行動、家族の制止を振りきって走りだす、寝ているはずなのに歩き出すといった事例も報告されています。

その処方例がタミフルよりもはるかに少ないにも関わらず残念な報告がなされるのは、副作用の可能性が高いのではという声もあります。

ですが、報告例と処方例が少ない事から考えると子供へのリレンザ服用は、タミフルの副作用事例の多さが社会的問題になった事と比べるとまだ可能性としては低いと言えそうです。

また、吸引薬という特性から、服用すると呼吸がやや苦しくなるといった副作用は報告されており、喘息など気管支に慢性疾患を持つ人には基本的に処方出来ません。

【まとめ】

インフルエンザ治療薬としてはまだ出回り始めたばかりのリレンザは、タミフルのように子供用のシロップなどの開発がないため、処方も年齢に関わる事が大きいようです。

リレンザ自体の効果としてはタミフルと同様であるため、リレンザの違いは吸引薬である事、そして処方年齢の違いという2つにあるようです。

■リレンザの特徴

・リレンザの特徴はなんといっても「吸入薬」である事が挙げられる

・ウィルス撃退効果によって高熱や倦怠も無くそうとうのがリレンザの特徴

■年齢による処方の違い

・錠剤タイプのタミフルと違い、まず5歳児以下には処方されず、10歳未満にも推奨はされない

・10歳未満の子供が服用する場合は必ず服用に際しての報告が義務付けられている

■リレンザの副作用

・リレンザによって異常行動、家族の制止を振りきって走りだす、寝ているはずなのに歩き出すといった事例も報告されている

・服用すると呼吸がやや苦しくなるといった副作用は報告されており、喘息など気管支に慢性疾患を持つ人には基本的に処方出来ない

 

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP