シャープ製の加湿器

加湿器はスチーム式が人気でおすすめ!おすすめの人気メーカーは?

加湿器について巷の声をまとめてみました。

USB加湿器

出典元リンク

・加湿器とは、室内の湿度を高くするための家電で、空気が乾燥する冬に主に用いられます。

・機器内部に収容されている水分を放出し、加湿する。

・「加湿器」は、東芝、日立、象印、タイガー、「加湿機」は、パナソニック、三菱電機、シャープで使われています。

・インフルエンザ予防などに効果がある。

・エアコンやファンヒーターなどを使っている場合は、部屋の湿度はどんどん下がって、「喉が渇いてしかたがない」「肌がぱさぱさ」なんてこともおこりうる。

・快適な湿度の目安は40~60%。40%以下になると目や肌、のどの乾燥を感じるだけでなく、インフルエンザウイルスが活動しやすくなる。

・温度を調整できる「加湿器」の役目なのです

・加湿器を使えば、乾燥性皮膚炎、乾燥性結膜炎、インフルエンザの予防などができる。

・加湿器はほしいけど、種類が多くて、どれをえらんでいいのかよくわからない。

加湿器の重要性についてはまとめた声を見れば良くわかりますが、難点なのは、加湿器の種類が多すぎてどれを買ったらいいのかわからないという点が多かった。

今販売されている加湿器の種類は、大きく分類して四つ。

スチーム式、気化式、超音波式、ハイブリッド式。

そして私が今回気になったのはスチーム式の加湿器であります。

スチーム式の加湿機にはどんなメリット、デメリットがあり、おすすめはどれなのか? 他の加湿機との比較について調べてみました。

【加湿器のスチーム式にはどのようなメリットがあるのか?】

まずは加湿器の種類について。

主な種類はポット型と蒸発皿型。

ポット型のメリット 

・お手入れが楽

・清潔な状態に保ちやすい

・加湿能力が高い

・室温が若干上がる可能性

蒸発皿型メリット

・清潔な状態に保ちやすい

・加湿能力が高い

・室温が若干上がる可能性がある。

・ポット型より電気代が安い

・ポット型より火傷の心配が少ない。

ポット型のデメリット

・音がうるさい

・火傷の危険がある

・電気代が高い

・インテリア性がない

蒸発皿型デメリット

・ポット型よりお手入れが面倒

・電気代が高い

・音が少し気になる

すべてのスチーム式の商品にあてはまるわけではありませんが、おおよそはこのようなメリットとデメリットに分類されます。

【スチーム式加湿器のおすすめは?】

一概にどのスチーム式加湿器がいいとはいえませんが、上記のメリットデメリットを加味したうえで形のセンスがよかったメーカーは象印のスチーム式加湿器が私個人的にはよかったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスチーム式の加湿器についてご紹介しました。

購入の際は参考にしてくださいね!

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP