バケツと雑巾

加湿器の洗い方!手入れ・掃除をきちんとやってカビを防止しよう!

加湿器の洗い方!!

冬になると空気が乾燥するので、加湿器を使う機会が増えてくる。

そこで気になるのが加湿器のお手入れ。

加湿器1

出典元リンク

【加湿器の掃除をしないと、どんなことになるのか?】

加湿器病をご存じだろうか?

加湿器病とは、加湿器内のフィルターや貯蔵タンク内で、雑菌が繁殖したのが原因で発症する病気である。主に雑菌のアレルギーによる咳、発熱、悪寒などの症状が現れる。

だからこそしっかりとしたお手入れが大事なのである。

【カビを除去、発生防止する方法】

加湿器にカビが生えてしまったら、どのように除去したらいいのか?

簡単な方法を説明すると、フィルターの場合、バケツに水2リットルを入れ、クエン酸を大さじ1杯入れる。フィルターをバケツの中に浸し、30分~2時間ほど漬け置きし、時間が経ったらバケツからフィルターを取り出し、クエン酸が残らないようにしっかりとすすいで水気を切る。

続いて加湿機本体の掃除。

お湯3リットルを用意し、その中にクエン酸を20グラム加える。

クエン酸を溶かしたお湯を加湿機本体に入れて、一晩寝かせる。翌日、加湿器に入ったクエン酸入りのお湯を捨て、エタノールで濡らした清潔なタオルでヌメリを取っていく。

加湿器のトレーは、フィルター同様にバケツに入ったクエン酸の水で漬け置きをしておくと綺麗になる。

加湿器にカビを生やさない予防策としては、毎日、加湿器のタンクに入った水を取り換えるだけで、カビの予防が可能になる。

【加湿器の使用で気をつけなければいけないこと】

加湿器の使用で部屋の壁にカビが生えるなんてこともある。

家の中で一番カビの生えやすい場所は温度が一番低くなる場所であり、例えば、外壁に面する壁や、部屋の隅角部など、暖房が届きにくい、家の中でも温度があがりにくい場所は、カビが生えやすく加湿器を使用する場合は、特にカビに注意が必要となる。

就寝中など一晩中、加湿器を使用している人は、朝の暖房前の、壁が一番冷たくなる時に壁に手をあててみるとわかる。

もし壁が濡れていたら、加湿しすぎで、室内に、洗濯物を部屋干しする場合は、加湿器の使用を控えるなど、部屋を加湿しすぎないことが大切である。

快適な部屋の湿度を知るためにも、温湿度計を活用し、室内を40%~60%にしておくことが大事である。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は加湿器の注意点についてご紹介しました。

ぜひ参考にしてくださいね!

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP