ランドセル

ランドセルの色選びで後悔しないで!人気の色ランキング!


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング


ランドセルはこの色が良い!
と子どもにせがまれて悩んでいるのではないかな?

悩む

いきなりで失礼。
しかし、今この悩みに頭を抱えている方は多くいるのではないかな。

子どもが気に入ったランドセルの色が奇抜だったり、なんでその色選ぶの?
といったランドセルを選び、こんな色でいじめられないかな?
などといった心配が絶えないことだろう。
そして、他の子どもは何色を選んでいるのだろう、といった疑問が浮かんできているはずだ。

(当たったかな?)

私はあなたのことなら何でも分かるのだ。

ストーカー

(誰かな、ストーカーだなと言った方は)

ならば、甘んじてその汚名を受け止めよう。

(なぜなら、今、あなたのためになる話をできるのだからストーカーも悪くはない)

最早清々しいだろう。

ポジティブ

(私はどこまでもポジティブなのだ)

このポジティブさに免じてストーカーの件は目をつぶってほしい。
ふむ、それとこれとは違うと。

(口八丁で煙に負けると思ったが、やはり聡明なあなた相手では無理だったか)

ならば、これからする話があなたの役に立てたら目をつぶってもらいたい。

(無理やりか)

さて、鋭いツッコミを流し話を始めよう。

人気のランドセル

カラー

まず、現在のランドセルは何色が一番選ばれているのだろうか?
昔は、男子は「黒」、女子は「赤」だったが、現在は男子は「黒」・「紺」が多く選ばれ、女子は「ピンク」・「赤」が多く選ばれているようだ。
女子は「赤」より「ピンク」の方が選ばれていて、これはやはり、女の子らしいかわいいイメージがそうさせているのだろう。
だが、これにプラス、刺繍を施したり、ステッチの色を変えるなど様々なバリエーションがあり、メインの色が「ピンク」であっても他と差別化を図っているランドセルが多々あるようだ。

ランドセル女の子

また、女子は次いで「水色」・「茶色」を選ばれる傾向がある。

刺繍で個性を

そして、刺繍などは男子のランドセルでも同じことが言え、今も「黒」が多く選ばれていて、時代が変わっても変わらないものがあるんだなと、ジンワリしているところ悪いがこれにもステッチに「赤」や「青」を取り入れたり、刺繍が入ったものが選ばれることも多々ある。

ランドセル青の刺繍

種類が多すぎて迷ってしまうあなたへ

さて、最早、無限に種類があるのではないかとさらに悩むことになったあなたに良い方法がある。
それは、子どもと一緒に小学校の通学路を散歩することだ。
そこで、行き交う小学生たちのランドセルをチェックし、子どもと「あれはどう?」や「あの色とかかわいいね」と先輩たちのランドセルを参考にさせてもらうこともいい手ではないだろうか。
子どもも実際に背負っているところを想像でき楽しく選ぶことができるだろう。

また、子どもが奇抜な色を選択しても他の子どもはあまり気にしないだろう。
「かっこいいね」や「その色良いなぁ」とった言葉はあるかもしれないがいじめに発展すると言うことはあまりないのではないだろうか。
逆に一目で自分の子どもだと分かりいい目印になるかもしれない。
現在はどんなランドセルの色でも気にならない時代になってきているのではないだろうか。

未来の子供の姿を想像してみよう

さて、どうだったかな?
ランドセルを選ぶのに役立つ話はあったかな。
やはり実際に背負っている姿を見て、子どもの意見を尊重させてあげるのが間違えないランドセルの選び方ではないでしょうか。


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブーム…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

リンク

カスタム検索

PAGE TOP