ランドセル

ランドセルの相場比較!人気のおすすめランドセルを紹介

ランドセルの相場はいくら?

子どものランドセルを選ぶとき、この疑問が浮かぶ方も多いだろう。

ランドセルの値段を見るとピンからキリまである。
いったいどの価格帯のものが十分使えるのだろうか?
と言うか他の方はどの価格のランドセルを購入しているのか?
疑問が絶えず悩み苦しんでいる方も多いだろう。

何せ、大切な子どもが長いこと使うことになる必須アイテムだ。
悩まない親はいないだろう。
そんなあなたのために今回はランドセルの相場、人気のあるおすすめランドセルについてお話しさせていただこうと思う。

(ふむ、いやに拍手が多いな)

なるほど、そういうことか。

(孫にランドセルを送ろうとしているおじいちゃん、おばあちゃんも注目してくれているのか)

これは、思っていたよりプレッシャーがすごいことになっている。

(油断した、てっきりあまり聞く方もいないのかと思い昨晩は深酒をしてしまった)

 

酔っ払いの男

先の発言は人として駄目だという方。

(分かっている、弁解の余地もない)

皆も酒には気を付けた方がいい。
油断していると私のような人間となってしまう。
できれば、このような過ちをしない反面教師として皆も学んでほしい。
酒は魔性の飲み物だ。

(あれ、話が脱線しすぎているかな?)

すまない、まだ酒が抜けていないようだ。

(あぁ、読者がいなくなる発言ばかりしてしまう)

さて、それではそんなクズからランドセルの相場、そして選ぶポイントについて話をさせていただこう。

(脱線話がメイン話と最悪の不協和音だ)

ランドセルの価格相場

まず、ランドセルの相場についてだが、1番好まれて購入されているのが3万円台だ。
次いで、4万円台のランドセルが購入されているようだ。
高過ぎず、安過ぎずの4万円前後が皆が選ぶポイントのようだ。

ランドセルの価格差の要因は?

しかし、そもそも何がここまで価格差を広げているのだろうか?
その大きな一つの要因が素材である。

ランドセルには革を使ったものがほとんどだが、「牛革」、「豚革」、「クラリーノ」、「コードバン」と種類がある。

コードバン?クラリーノ?
まだ酔っているのかとお怒りの方、大丈夫。
皆のプレッシャーで酔いも吹き飛んだ。
なので意味不明なことを言っているわけではないのだ。

代表的な素材を紹介

コードバン

コードバンのランドセル

「コードバン」とは革の宝石とも呼ばれている高級な素材だ。
価格が高いものは大抵この革を使用している場合が多い。
当然、質も良い。

クラリーノ

クラリーノランドセル

そして、「クラリーノ」とは合成皮革を使用したもので、価格も手ごろで軽く丈夫なものが多い。
多くの方はこれを選んでいるはずだ。

お得に良いモノを手に入れる方法

これも選ぶポイントとなるのだが、もう一つおススメの探し方があるのが、型落ちのモデルを選ぶことである。

型落ちはイメージは良くないが、質が良いランドセルが古いデザインだからと言って値段を下げているという点を考えてほしい。
最先端を追いかけたい気持ちはわかるが基本6年間使用するのである。

当時は最先端でも次第に古いデザインになっていくのである。
それなら、古いデザインでも質の良いランドセルを購入するほうがいいと思わないだろうか。

しかし、型落ちのモデルを選ぶ場合、注意してもらいたいのがA4サイズを収納できるものを選ぶようにしよう。

(これを知っておかないと後で買い直すという惨事を招いてしまう)

また、購入店で修理などのアフターサービスも充実していることを確認しておくことも大切だ。

ポイント押さえて最適なランドセルを選びましょう

さて、これがあなたがランドセルを購入する一つの指針となっただろうか。
大切な子どもが長く共にする相棒だ。
きちんと見定めるポイントを知っておこう。
今回の話でそのポイントも知りえたはずだ。
そう、酒は飲んでも飲まれるな、だ。

(あれ、違いましたか)

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP