おせち料理

おせちは縁起が良い?その意味とは?おせち料理で縁起担ぎ!

あなたのクエスチョンを解決!!

悩む外国人女性

人生を歩めばクエスチョンはたくさんある。

そこで最近、知人友達や会社の同僚、はたまた家族から投げかけられた質問をまとめてみた。

質疑応答方式の段階で進んでいくのでよければ今後のあんたの知識として役立ててくれればいい。

正月になると、おせち料理が定番だよね。なんで正月にはおせち料理となったの?

おせちを漢字で書くと御節という字になる。

おせちの意味とは?

もともとおせちとは節供料理の意味で、五節供の料理の一つだからである。

五節供とは、現在でいう一月一日の元旦、三月三日のひな祭りや五月五日の端午の節句、七月七日のたなばた、九月九日の重陽の五つの節供のことであり、五節供の料理とは、平安時代のころからおこなわれていた朝廷の節目に行われる行事、節絵で神様に供えたり、食べたりしたご馳走の事で、そのご馳走を御節供といい、それが後におせちと略され、江戸時代に概略今の正月料理を意味するようになったと言われている。

なるほどねぇ~。今ではおせち料理と呼んでるけど、昔は神様のお供え物だったんだね。

神様に食べてもらうためのお供え物ということは、おせち料理って縁起を担ぐ食べ物が多いの?

その通り。

おせち料理で絶対に欠かせない食材といえば祝い肴三種。

祝い肴三種とは正月の祝いに欠かせない三種類の料理で、祝い肴と餅を揃えれば最低限の正月の祝いができるといわれている。逆に、どんなに贅沢な料理を揃えても、祝い肴がないと正月の祝い膳の体裁が整わない。

ちょっとまって、祝いさかなってお魚のことだよね?

魚でなく、肴。カタカナで書いたり、口頭でさかなと言う場合区別がつきにくいが、肴を酒のつまみと言う場合が多い。

漢字本来の意味としては、魚は魚類。

肴は煮たり焼いたりした、獣、鳥、魚の骨付き肉。そこから、広く副食物の意味になった。

おせちの祝い肴は、関東では、黒豆、数の子、ごまめ、関西では黒豆またはごまめ、数の子、たたきごぼうの三種を用いる。

縁起担ぎや語呂合わせもあり、鯛はめでたい、黒豆はマメにくらせるようになど、おせち料理にはさまざまな願いが込められた食材が多い。

おせち料理の食材にはそれぞれにそんな願いが込められてたんだね。

いろいろな謎が解けてなんかすっきりしたぁ~。今夜はゆっくり眠れそう~

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP