おせち料理

おせちの由来とその意味とは?おせち料理の語源とは?

重箱にそのおせち料理を詰める由来は?

今年も後わずかだ。

おせち料理の準備はもうしているかな。

時に、あなたはそのおせち料理をお正月に食べる由来は知っているかな。

ふむ、鯛はめでたいだと。

ハートのイラストで目隠しする男性

(その通りだ)

しかし、後が続かないようだ。

鯛がめでたいという意味を持っていることは知っているが、他のおせち料理をお正月に食べる由来は知らない方が多いようだ。

では、今回は重箱に詰められた豪華なおせち料理のそれぞれの由来について語ろうと思う。

あなたもこれを知れば、なるほどねと、お正月にその料理を食べる納得の理由が分かるはずだ。

お正月に酒を浴びるほど飲むのに納得の理由があるように。

(あるのか、そんな納得の理由が)

お正月は酒を浴びるほど飲んでいいと憲法で決まっている。

(決まっていない、勝手に法をつくるな)

お正月酒推進法により、定められている。

(定められていない、もとよりそんな法はない)

国がお正月は酒を飲めと推進している。

去っていく女性

(国家的なウソをつくな、そんな推進は聞いたことがない)

酒を飲まずして、お正月は語れず。

(なんかそれっぽい名言、言い出した)

さて、そんな酒におぼれるお正月だが

(おぼれているのはお前だけだ)

おせち料理にもおぼれてしまうほどのたくさんの由来がある。

おせち料理の由来について説明します

それでは、重箱に詰められているそれぞれのおせち料理の由来についてお話しさせていただこう。

まず、祝い肴である「数の子」には子孫繁栄を願う意味が込められている。

「数の子」はニシンの卵だ。

二親(にしん)からたくさんの子が出るという良きイメージからその意味はきている。

次に、「黒豆」はまめに働き、まめに暮らせるように(健康)という意味が込められている。

語呂合わせも良く、おせち料理には欠かせない料理となっている。

次に「田作り」には田畑の肥料として使われていたイワシが由来し、イワシを使用すると豊作になったことから豊作を祈願する食べ物としてお正月に食べられている。

次に「紅白のかまぼこ」はかまぼこの形である半月状が日の出に似ていることから新たな門出にふさわしいとしておせち料理として重箱に詰められている。

また、紅色は魔除け、白色は清浄・神聖を表しているのもお正月に食べられる所以だ。

次に、「伊達巻」は華やかさ、

派手さを意味する「伊達」が、お正月にふさわしいと好まれたことからおせち料理の仲間入りとなったと言われている。

次に「栗きんとん」は漢字で「栗金団」と書き、黄金色に輝く財宝を想像し、富を得て今年も豊かであるようにという願いが込められている。

次に、「蓮根」はたくさんの孔が開いていることから、将来の見通しが良いとされておせち料理に用いられている。

次に、「海老」はその姿から、腰が曲がるまで長生きできるようにという長寿を願った食べ物だ。

最後に「昆布巻」は「喜ぶ」にかけて、縁起の良い料理としてお正月に好まれて食べられている。

まとめ

さて、どうだったかな?

これらのおせち料理がお正月に食べられる由来については知ってもらえたかな。

他にもさまざまなおせち料理があり、お正月に食べられる意味もきちんとある。

これらがおせち料理として食べられる由来を思いながら食べれば、今年も幸せであふれた年となる。

(はずです)

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP