おせち料理

おせちの残り物を使ったレシピ!簡単にアレンジできるのでおすすめ!

おせちの残り物をアレンジ!

今年も残すところあと一カ月。

正月があけて、年末になる、歳をとるとこの感覚が短くなったような気がするのは気のせいだろうか?

正月の定番といえばおせち料理である。

おせち料理

出典元リンク

外をぶらぶらと歩けばおせち料理の予約という張り紙をよく見るようになるこの季節、みなさんは正月用のおせちの準備はもうできているだろうか?

正月まであと一カ月と余裕をかましていたら、あっというまに正月になり、おせちの準備ができていなかったと正月前に慌てておせちの準備をすることのないよう気をつけなければならない。

特に年末なんかは仕事やクリスマス、忘年会と多忙な行事が発生するから、忘れがちになるのも年末の定番である。

そしておせち料理の定番と言えばもうひとつ。料理を作りすぎておせちが余ってしまう。

地域により異なるが、おせちの品数はすべてそろえると20~30種類にも及び、大きく分けて、「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の五種類で、それぞれの料理におめでたい意味やいわれがあるのだが、大きく分けた五種類の具材もやはり難しいのは人数分の調整である。

定番のおせち料理を用意して、そのあまった食材でアレンジおせち料理もプラスで食卓に並べる。

毎年恒例のおせち料理も一工夫するだけで、家族がそろった正月にもまたプラスアルファの会話の花が咲く。そんな楽しみがあってもいいのではないだろうか。

おせちの余った食材でつくったアレンジおせち料理をいくつかご紹介。

『あまったおせちでちらし寿司』

作り方はいたって簡単。普段のちらし寿司を作る工程におせちの余り物をなんでも利用するだけ。いくら、数の子、明太子、かにかま、きゅうり、きんぴらごぼう、卵焼き、高野豆腐など。

『あまった数の子で簡単サラダ』

手軽に作れるおせちの残り物サラダ。

作り方は余った数の子にマヨネーズとお好みの調味料を加えるだけ。

上記の二つのレシピは、このように作り方はいたって簡単。

おせち料理が残ったら、ひと手間加えるだけで別の料理に変身してしまう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

残ったおせち料理をそのまま食べるのもおいしいが、少しの手間でいつもの味に変化をつける。

そんな食べ方も新年をむかえた正月にはぴったりではないだろうか。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP