よく見かける風景米倉

冷汁と言えば山形!山形県の冷汁の作り方のレシピと特徴について!

冷汁~お浸しのような山形の冷汁~

冷汁は山形や宮崎の郷土料理として有名です。

夏の暑さを食で少しでも和らげるために山形でも宮崎でも夏の欠かせない料理の一つになっています。

鍋とコンロ

山形と宮崎、それぞれ同じ料理でも特徴があって、同じ冷汁という名前でも見た目もちょっと違っています。

山形の冷汁の特徴

具が沢山!!

冷汁は一般的には味噌汁をご飯にかけている冷たい味噌汁ご飯というイメージがありますが、山形で食べられている冷汁は具がたくさん入ったお浸しのような物になっています。

山形の冷汁に入っている具は、干し貝柱や干し椎茸、凍み豆腐、油揚げが基本で、それに、人参や小松菜ほうれん草、もやしやこんにゃく、ちくわなどその時その時の季節の葉物を入れます。

これだけでも山形の冷汁はすごく具だくさんなのがわかりますよね。

出汁はうまみたっぷり!

山形の冷汁はお出汁にも特徴があり、干し貝柱や干し椎茸でとるので、すごくうまみがたくさん入ったおいしい出汁ができあがります。

そこに砂糖・塩・酒・みりん・しょうゆなどの調味料で味を調えてその中でたくさんの具を煮ていきます。

人参は、歯ごたえが残る程度にした方が美味しいです。

保存方法

煮た後は、具を汁から取り出して、別々に冷蔵庫で冷ましてください。

召し上がる時は、食べる分だけの具を器にもり、良く冷えた汁を注いでよく混ぜてお召し上がりください。

一緒にそのまま冷やしてもいいのですが、その場合は具材に出汁がどんどん染みて少し色が悪くなってしまいます。

出来上がりの見た目をよくしたいなら分けて冷ますことをオススメします。

しっかりと味を染み込ませたいと言う方には、汁と具を分けずにそのまま冷やしていただくのがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この山形の冷汁の歴史は古く、上杉謙信が出陣する際にふるまったともいわれています。

具だくさんのお浸しは、冷蔵庫で冷たく冷やすことで、夏場食欲が落ちた時にでも口当たりがよく食べやすい一品です。

汁物タイプの冷汁も夏には欠かせない一品ですが、この山形の冷汁もきっと夏になると食べたくなる一品になると思います。

冷汁で暑い夏を元気に乗り切ってください!

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP