七草粥の由来と効果!七草がゆの起源をご紹介します!

「中国に起源がある七草粥由来について」

七草粥はお正月の行事として、日本では定着しています。

お所月の豪華な食事を食べたことや、飲食で疲れ切った胃腸や内臓をいたわる為の効果や、無病息災を願うこと、ビタミンの不足を補うなどの効果があると言われています。

七草粥

出典元リンク

「人日」の日に行われる、「人日の節句」の行事である、5節句のひとつになります。

人日とはなにかというと、その文字のとおり、「人の日」という意味があります。

もともとは中国で古くから、(前漢時代)1日鶏、2日は犬、3日は猪、4日は羊、5日は牛6日は馬、7日は人の日として、それぞれに対して占いをして、8日に穀を占うことで、その年の運勢を見ていたという歴史に、由来されると言われています。

1月7日は人を大切にしなければならないということで、犯罪者の罪まで無効になったと言われています。

更に唐の時代に進むと、人日には「七種菜羹ななしゅさいのかん」と呼ばれる、7種類の若菜を食し、無病息災を願いように変化しました。

また官史の昇進を1月7日に決めていたことから、7日の朝に七種類の菜羹を食べることで立身出世を祈願したともいわれています。

羹とは熱い汁ものという意味があるようです。

「日本における七草粥について」

中国の風習が日本に伝来し、もともと日本にあった年のはじめに若菜を摘んで自然界から新たな生命力をもらうという、「若草摘み」と呼ばれた、日本古来の風習が融合し、「七草粥」となり、平安時代の宮中行事として、食べるようになったといわれています。

時代が江戸時代に進むと、「七草の節句、人日の節句」として5節句の一つに定められたことで、日本国内津々浦々広く定着していきました。

ちなみに5節句は江戸幕府が定めた式日で、1月7日の「人日」、3月3日の「上巳」5月5日の「端午」、7月7日「七夕」、9月 9日「重陽」があります。

日本で定着した理由には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養を補給する効果があり、この日に七草粥を食べることで無病息災を願う文化が定着したと言われています。

「七草粥を食べる効果について」

早春のころ一番に芽吹く春の七草は、邪気を払うことから、無病息災、五穀豊穣につながるといわれています。包丁を入れる回数まで、その昔は決められていたようですが、ただのおまじないではありません。

春の七草は、例えばハーブティーが体に良いと言われるのと同じように、体にいい成分がたくさん含まれています。栄養が豊富で、美容や健康の効果も期待できます。

効果として、ビタミンが豊富なこと、胃腸を整えること、低カロリーなこと、むくみ解消や、そばかすの予防になること、風邪の症状を緩和することなど、正月太りや、美容効果、ダイエット効果もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は七草粥の由来と効能についてご紹介しました。

伝統行事にはそれぞれ理由がありますが、体にも優しい「七草粥」は、ぜひ取り入れて健康的な生活を送ることをお勧めします。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP