離乳食

たら(鱈)のアレルギーに注意!子どもには注意を払おう!

鱈(たら)が美味しい季節になってきた。
鱈(たら)鍋など美味しい料理に利用できる鱈(たら)だが、実は気を付けなければいけない部分がある。

ふむ、それは何かと?

それは、アレルギーだ。
一見食べやすい鱈(たら)だがアレルギーを発症してしまう場合がある。
子どもに鱈(たら)を食べさせる時には特に注意が必要だ。

身体にさまざまな異変が起こる可能性がある。
なので、離乳食などで初めて鱈(たら)を与える場合などさまざまな注意を払わなければならない。
乳幼児には乳や卵などのアレルギーには注意している方は多くなってきたが、魚のアレルギーにはなかなか頭が回らない方はまだ多い。

そろそろ魚を食べさせようかと考えだしたときには、きちんとアレルギーのことも考えなければならない。
きちんと考えていなければ魚を食べさせたとき、いきなり子どもに異変が起こり自分までパニックになり大惨事を引き起こすことにつながってしまう。

ここ大事!と言っている女性

(気を付けよう)

さらに、魚アレルギーは1種類の魚、例えば鱈(たら)だけに限らず、いくつかの魚でアレルギーを引き起こす可能性がある。
これには理由が存在するのだが、それも合わせて今回話そうと思う。

それでは、入手しやすく美味しい鱈(たら)だが、そのアレルギーに注意を払わなければいけないお話をさせていただこう。

鱈(たら)のアレルギーの原因とは?

鱈の離乳食

まず、鱈(たら)には「パルブアルブミン」というたんぱく質が含まれている。
この「パルブアルブミン」がアレルギーの原因と言われている。

そして、この「パルブアルブミン」があるのは鱈(たら)だけではない。
ほとんどの魚の筋肉に含まれているたんぱく質なのだ。

さらに、アレルギーを引き起こすのはこのたんぱく質だけではなく、魚に含まれるコラーゲンもアレルギーの原因と言われている。
このことから分かるように、魚に共通する成分がアレルギーの原因となるため、魚アレルギーは1つの種類だけではなく、いくつかの魚からもアレルギーを引き起こす可能性がある。
もちろん、いくつかの魚とは先ほど言ったが、すべての魚からアレルギーが出るというわけではない。

鱈(たら)を離乳食で与える時の注意とは?

離乳食

また、鱈(たら)などの白身魚は離乳食の初期から与えられるものもあるが、鱈(たら)に関してはアレルギーを引き起こす可能性が高いため、食べさせるのであれば後期から慎重に与えるようにしなければならない。

そして、鱈(たら)を与えるときも、きちんとを通し新鮮な鱈(たら)を食べさせるようにする。
さらに、万全を期すため子どもの体調が良いときに、そして、近くの病院が休みではないときに食べさせよう。

そして、万が一アレルギー症状、じんましんや顔や目が赤くなる、まぶたが腫れる、そして咳などが出ても慌てず、すぐに病院へ連れて行こう。

まとめ

さて、どうだったかな?

鱈(たら)のアレルギーに気を付ける点は理解してもらえたかな?
子どもに食べさせたときに、このようなアレルギーが出ては取り乱すかと思うので、きちんと準備をして慎重に食べさせるようにしよう。

鱈(たら)はさまざまな料理にして食べられる美味しい魚なのでぜひ、食べられるようになりたいはずだ。
なので、きちんと注意を払って食べさせるように心がけてください。

楽天ランキング「鱈(たら)」トップ5

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP