大根

大根の甘い方と辛い方は上と下どっちの部分?


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング


大根のサラダ、大根おろし、さまざまな料理に使用される大根。
だが、1本の大根には甘い部分辛い部分が分かれていることはご存じだろうか?

大根のサラダを食べて辛いと感じたことはないかな?
前はこんなに辛くなかったのにと感じたことはないかな?

それは、知らずに、大根の辛い部分を使用していたのだ。

(まあ、その大根自体が辛めだったのかもしれないが)

一般的に我々が目にし、食している大根は、「青首大根」と呼ばれている種類だ。
その名の通り葉がある方の首部分が青みがかった緑色をしており、下部分が白色の大根のことだ。
そして、その部分によって甘い方、辛い方がある。

(まるで人生のようだ)

甘い部分もあれば辛い部分もある。

(何の話だ)
人生とは実に難しい。

(お前は本題の話だけするのがそれほど難しいのか)

恋人と寄り添い合う甘い時期。

(脱線話が横行する甘い管理に文句を言いたい)

恋人の話に笑い。

(他人が聞けばお笑いコンテストなら予選落ちの話)

声を聞くだけで心が弾む。

(お前の脱線話を聞くと心がなえる)

だが、甘い時期だけではないのが人生だ。

(確かに)

恋人との倦怠期。

壁ドンされて嫌がる女性

(一緒にいること自体、嫌になる)

次第に離れていく互いの心。

(お前とも離れていくことを熱望)

恋人との別れ。

(そろそろ脱線話も終わりか)

辛い時期に突入。

(では、そろそろ本題に突入を希望)

だが、その時、2人の間には新しい命が芽生えていた。

驚く

(ちょっと待て、話が変わった、続けてくれ!)

それはさておき、本題の

(は?)

大根の甘い方と辛い方の部分は一体どっちがどの部分か?

(待て、脱線話を気になるところで打ち切るな!)

についてお話しさせていただこう。

右手を添えて叫ぶ男性

(続きを話せー!)

大根の甘い方と辛い方どっちがどの部分?おすすめの調理方法とは?

まず、大根の甘い部分は葉に近い上部分だ。
そしてそれから下にいき、中央部分があり、そして先端の下部分が辛い部分となっている。

一番下の部分は辛みが強く繊維もしっかりしている。
さらに水分が上部分と比べ少なくなっている。
なので、下部分は薬味などや漬物にして食べることをおすすめする。

大根の漬物

そして、中央部分は水分を多く含んでおり、辛みも少ないので、煮物おでんの具に最適だ。

おでんの大根

最後に葉に近い上部分は甘くなっている。
なので、天ぷら用の大根おろしサラダに使用するのが良いだろう。

大根サラダ

また、大根は冬の野菜だ。

(あまり知らなかったという方も多いのではないかな?)

大根はほとんどが水分で、寒いほど凍りやすくなる。

(お前の語りが常に寒く皆を凍らせるように)

凍ってしまうと大根はダメになる。
それを防ぐために、大根は糖分をため込む性質がある。
ゆえに、冬は気温が下がり寒くなるので大根は甘みが増す。

甘みのある大根を食したいなら冬に食べることがいいということだ。

まとめ

さて、どうだったかな?

大根の甘い方と辛い方、どっちが上で下部分か理解してくれたかな?
また、大根にはその特質ゆえに料理に使う部分も考えなければならない。
その料理に合った部分を使用すれば、よりおいしい料理へとなるだろう。

大根の甘い部分、辛い部分を知った今、最早あなたの料理はお店に出せる水準まで至ったはずだ。

(過言)

甘い辛いを知った人生が賞賛されるように、あなたの料理も賞賛される日も近いのではないですか。

楽天ランキング「大根」トップ5


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブーム…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

リンク

カスタム検索

PAGE TOP