オクラ

オクラを漢字で書けますか??


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング


「秋葵」

突然だが何と読むかな?
本当に突然だなと驚いた方、すまない。
暇つぶし程度に答えてほしい。
葵と書くからにはそれに関連したものだろうと考えた方、鋭い。

優秀

(実に優秀だ)

ふむ、葵というからには植物に関連したものだろうと。

(エクセレント)

だんだん近づいてきたようだ。 秋に咲く花かなと。 残念。

泣く

(遠くなった)

秋という漢字が入っているのに違うのかと。
そう、この際、秋はイメージから外した方が良いかもしれない。
ふむ、なんだが難しくなってきたと。

答えは出ないまま次の問題へ。。。

では、そんな悩んでいるあなたにもう一つ問題がある。

陸蓮根

とは何と読むかな? まだ、最初の漢字が分からないのに、次の漢字を読めとはバカなのかと。

怒り

(そう、私はバカなのだ。)

しかし、このバカな私もここは実は理由があるのだと言っておこう。
何故かと言うと、この二つの漢字はつながっているのだ。
なるほど、ついに過労が来たのかと心配してくれているあなた、大丈夫、すこぶる元気だ。

酔っ払い

(昨日も朝まで飲むほど元気いっぱいだ)

いや、それが原因ではないのかと思ったあなた、私もそれは否めない。 まだ、アルコールが残っているかもしれない。

しかし、この二つの漢字は今や私たちの暮らしに定着している、ある野菜を示しているのである。
ふむ、「陸蓮根」の方は確かに名前に「蓮根(れんこん)」とあるから野菜っぽいのだろうと思うが、「秋葵」との連想ができないと。
なるほど、確かに。 では「秋葵」と連想する植物を話そう。

未解決のままさらに次なる問題へ。。。

それは

黄蜀葵

というものだ。

ますます分からないと。
確かにどちらにも「」とあるがどちらもアオイ科の植物ではないのかと。

(近づいた)

そう、どちらもアオイ科の植物だ。
さて、どうかな。 少しは暇つぶしできているかな。
それとも、もう気になって仕方がないという様子かな。
今回はそんなこの漢字についてお話しさせていただこう。

それでは謎を紐解こう

さて、まず「陸蓮根」から連想した方が分かりやすいかと思う。
何故かと?それはその野菜を切った断面が蓮根と似ているからだ。
おそらくそれが「陸蓮根」と書く由来だろう。

(少しは範囲がしぼれてきたかな)

だがまだ、ふ~む、と考え込んでいるあなた。
もう少し範囲をしぼりたいだろう。 ならば、「黄蜀葵」の名を答えよう。

(良く聞いてほしい)

「黄蜀葵」の読み方

それは、「トロロアオイ」だ。
この「黄蜀葵(トロロアオイ)」の花が「秋葵」と似ているのだ。
また、この「トロロアオイ」はすり潰すとネバネバとしてとろみがあり、和紙をすくときの糊(のり)などにも利用されているようだ。
このネバネバした様子が「秋葵」と似ているのだ。

それでは答えを発表しよう

さて、切った断面が蓮根と似ていて、ネバネバした野菜だ。
もう分かったという方が出てきたようだ。
それでは、答えを言われる前に先に言ってしまおう。
そうそれは「オクラ」だ。

満面の笑みの男

(私の方がコンマ1秒速かった、勝った)

そう、「秋葵(オクラ)」と読み、そして、「陸蓮根」はオクラの別名だ。
あ~、なるほど、という声が聞こえてくる。

ウインクする男性

(ありがとう)

その声に私は大満足だ。 少しは楽しんでもらえたということだろう。
さて、多少は時間を忘れて楽しんでもらえたようだ。
一つ良い雑学を得て、あなたのいい暇つぶしになれれば幸いです。



にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブーム…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

リンク

カスタム検索

PAGE TOP