とうもろこしのドアップ

とうもろこしの品種は数百種類以上?人気の甘いとゴールドラッシュとは?

とうもろこしは甘くて美味しい

とうもろこしが甘くておいしいというのはもう言うまでもないだろう。
様々な品種が生み出され、今や私たちが一般的に食べているとうもろこし、「スイートコーン」は100品種を超えると言われている。
そんな種類豊富なとうもろこしをあなたは何を基準に選ぶかな?

なるほど、誰もが同じ意見のようだ。
そう、とうもろこしを選ぶ最も多い判断材料は糖度だ。

やはり、甘みのあるものほどおいしいと感じるのだ。
メロンの糖度を超えるほどの品種もある。

カットメロン

ありえないと?
では、自身の耳でしかと聞いてほしい。
きっと一度食してみたいと考えることだろう。

「とうもろこし」といえば「スイートコーン」

まず、今回は一般的に食べられている「スイートコーン」という種類のとうもろこしの話だ。
その名の通り甘くみずみずしくまるで果物のようなとうもろこしだ。
そして、その「スイートコーン」の中にもいくつか種類がある。

ゴールドラッシュ

とうもろこしゴールドラッシュ

まずは、その「スイートコーン」のなかで「ゴールドラッシュ」と呼ばれているおいしい甘みを持ったとうもろこしについて話そう。
それがひときわ甘みがあり日本一甘いとうもろこしなのではと言われている「嶽きみ」という品種だ。産地は青森県弘前市だ。
「嶽きみ」の「きみ」とは津軽弁でとうもろこしのことだ。
そして、青森県弘前市の岩木山麓に広がる嶽高原で栽培、収穫されたものが「嶽きみ」と呼ばれている。

注目すべきはやはりその圧倒的な糖度だ。
その糖度は18度を超えると言われメロンをしのぐ糖度を誇っている。
その甘さの秘密が岩木山麓の日中と夜間の温度差だ。

一般的にとうもろこしは寒暖差がある場所で育てるほど甘みが増すと言われているが、この岩木山麓の日中と夜間の温度差はお盆の時期を過ぎると10度を超えると言われ、その寒暖差が素晴らしい甘みを生み出していると言われている。

ピュアホワイト

とうもろこしピュアホワイト

次に、「スイートコーン」の「シルバーコーン」と呼ばれる種類の「ピュアホワイト」と呼ばれる品種について話そう。
この品種は見た目が目を引く。
その姿は実が真っ白なとうもろこしだ。
その美しい見た目に心奪われるが、さらに特出すべきはその甘さだ。

その糖度は15度を超え、多いものは19度ほどになると言われている。
こちらもあのメロンと同等かそれ以上の糖度を誇っている。
そして、甘みを多く含んだそのみずみずしさはジューシーでうまいの一言だ。

(ぜひ、食してもらいたい)

さて、どうかな?
食べてみたいと考えてくれたかな?
ふむ、どうやらそのようだ。
きっとその甘みの虜となり、そのとうもろこしがなくてはならない存在となることでしょう。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP