水着姿の外人女性

水着のビキニは英語なのか!?調べてみました!

「ビキニ」は英語なのか?

さて、多くの日本人が普通に使用している「ビキニ」だが、これは英語圏の方たちにも通じるのだろうか。
これには首を傾げる方が多いようだ。
男性が「ビキニ」姿の女性は見て「やっぱりビキニは良いな」と女性から見れば擦り切れるほど見たことがある低俗な会話をしているように見えるが、英語圏の方から見れば「ビキニって何だろう?」と興味の対象になっているかも知れない。
さらに言えば、「ワンピース」は衣服の「ワンピース」もあれば水着の「ワンピース」もある。
どっちも一緒にしていいのだろうか?
それともどちらかが和製英語か違う言語なのだろうか。

疑問は尽きないが、この答えに興味はないかな?
海へ行けば羨望のまなざしとなるビキニなどの水着。
女性は暑い中、水とたわむれ日頃の憂いを流す相棒となる水着、男性はそんな水着の女性は見てどう声をかけようか悩ませる。

踏まれる男性

(男=バカ)

失礼、だが、男はそんな単純なところも長所ではないだろうか。

(だめだ、どうがんばってもリカバリーできない)

さて、ここで男性と女性の戦争を起こされては困るので急いで先に進もう。

別れ

(この内容では確実に男性が黒星だが)

それでは、ビキニや他の水着は英語なのか、そうじゃないのか、話を始めさせていただこう。

アメリカとイギリスでは「水着」の呼び方が違う!?

最初に英語圏であってもアメリカやイギリスなどでは水着の呼び方が異なる。
もちろん一般的な水着という単語の英語でどこの国も通じるのだが、その国によって一般的に使われている言葉は違うようだ。
例えばアメリカなら「Swimsuit」と呼ばれている。
男性水着なら「Swimming trunks」と呼ばれているようだ。
日本でも「swimsuit」という呼び方が多いかな。

次にイギリスは「Swimming costume」と呼ばれるのが一般的なようだ。
しかしこれはよく省略されて呼ばれることが多く、略称は「Cozzie」と呼ばれることが多いとのことだ。
確かに「Swimming costume」では日本人から見ても長い言葉に思える。
また、男性水着はアメリカと同じく「Swimming trunks」と呼ばれることが多いようだ。
日本語も省略して使われる言葉があるように英語にも省略されて呼ばれる言葉は多くあるようだ。

さて、それでは、待ちに待った「ビキニ」は英語であるかどうかという質問だが、実は………英語なのだ。

幸せに包まれた男性

(ためてみたがドキドキしたかな)

そうでもなかったか。
もっと間を使うのをうまくなる努力が必要のようだ。
大切なあなたのために日々精進だ。

(なぜこんなにも自身も気持ち悪くなる発言をしてしまうのだろう)

きっと私は病気なのだ。

カルテを見て悩むドクター

(今の医学では一生治らないだろう)

残念だ。
さて、話を戻そう。

水着の「ワンピース」と洋服の「ワンピース」の違いに注意!

「ビキニ(Bikini)」の他に「ワンピース」の水着だが、これも英語なのだ。
「ワンピース(One-piece)」は主に水着をさし、衣服の「ワンピース」は「One-piece dress」と呼ばれているようだ。
また、「タンキニ」は「Tank-top bikini」の略称で造語である。

さて、疑問の渦は抜け出せたようだ。おそらく英語圏なら「Swimsuit」で通じるだろうが、その言葉をあまり使用しない国では「よそ者かな?」と思われるかもしれない。

友好的な態度を示すために現地に合わせた英語の言葉で話してみてはどうだろうか。
きっと相手も喜びあなたを昔からの親友のように接してくれるかもしれない。

(言い過ぎか)

しかし、もしかすればあなたにとって良き出会いが生まれるかもしれませんよ。

楽天ランキング「水着」関連トップ5






カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP