扇子

扇子と団扇の違いは何?人気と違いをご紹介します!

違いはこれ!扇子と団扇(うちわ)を比較!

夏の暑さをしのぐにはエアコン!

それが当たり前の時代になりましたが、東日本大震災後の電力不足によりクールビズを導入するなど、企業や家庭の中でも節電を心がけるようになりましたね。

団扇

一時は家庭から姿を消した扇子やうちわが復活して、2~3本はあるご家庭が多いのではないでしょうか。

あなたは扇子派?

うちわ派?

それとも使い分けている?

では、扇子とうちわ、見た目以外に違いはあるのでしょうか。

「扇子とうちわ、その歴史」

扇子は、平安時代に日本で誕生したもので、はじめはメモ帳のような役割で主に男性が持っていました。

そこに絵が描かれるようになると女性が装飾品として持つようになりますが、当時は貴族しか持つことができなかったため、身分を示すアイテムでもあったわけです。

それが中国に渡り、再び日本にやってきました。

一方、うちわは古代エジプトの時代から存在していたことが壁画によって証明されています。

日本では古墳時代、祭りごとの際に道具として使われていたようです。

中世になると、絹や鳥の羽をあしらった豪華なうちわが誕生し、公家、役人僧侶などが持っていました。

同じ頃、涼をとるための軽くて便利なアイテムとして、庶民の間でうちわが使われ始めました。

戦国時代では、新たな使い方が生まれ、家紋を入れて軍配団扇として使用されました。

「あおぐためではなかった?」

うちわの歴史をたどって行くと、10世紀頃のうちわの使い方はあおぐためではありませんでした。

位の高い者が自分の顔を隠していたり、虫を追い払っていたようです。

木材で作られていたこともあり、手に持つと重かったのですね。

竹と和紙からうちわが作られるようになったのは、室町時代になってからのことです。

そして、江戸時代ではうちわの使用範囲も広がり、暑さをしのぐほか、炊事の際には火起こしでパタパタと・・・これは現代にも受け継がれています。

扇子とうちわ、歴史と用途に違いはありますが、まったく別の物でもなかったようですね。

どちらかといえば、ファッション性の高いのが扇子だったということもわかりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

うちわ1つにしても、販促用、あおぐため、うなぎ屋さんや焼き鳥屋さん用など、今は使用目的によって計算しつくされた物が作られています。

さあ、これからやってくる夏は扇子とうちわ、上手に使い分けていきましょう。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP