ランドセル ハリウッド女優

ランドセルが海外で人気!セレブのファッションアイテムに!


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング


ランドセルが海外で大人気

これは、もちろん子どもが使うのもあるが大人も使用しているようだ。
我々日本人には理解しがたいことだ。
日本人の大人がランドセルを背負っているのはお笑い番組以外で見ることはないだろう。
それだけ、日本人からすればおかしいのだ。
では、何故ランドセルが海外で注目されているのだろうか。
皆目見当がつかない。
多くの海外から来た旅行者がお土産に購入するというニュースを耳にしたことがあるだろう。

Why?

なぜ?

(がんばって覚えた英語だ)

なぜお土産としてランドセルを選ぶのだろう?
そこにはいくつかの理由が存在する。
ランドセルの特徴、日本の誇れる文化による影響などさまざまな理由があるようだ。

そう、私の話があなたに影響を与えるようにランドセルにも海外に影響を与えるものがあったのだ。
なに?お前の話に影響を受けたことはないと?

(では、なぜ聞いているのだ?)

サルが日本語をしゃべる姿は面白いからと。

サル

(ありがとう)

礼を言われる言葉を発したつもりはないと?
だって、それはあなたが私にそんな冗談を言えるほど心を許しているという理由だろう。

(PB)

PBとは何だと?

ポジティブの化け物

踏まれる男性

確かに。
それほど、良い解釈ができるなら最早その名がふさわしいと。
ありがとう。
それではそんなポジティブの化け物から海外の旅行者にランドセルがお土産に選ばれる理由についてお話ししよう。

人気のきっかけはハリウッド女優

ランドセル ハリウッド女優

出典元リンク

まず、ランドセルの人気に火がついたのはハリウッド女優が使用したことによる。
日本でも大人気のハリウッド女優・ズーイー・デシャネルがプライベートで赤いランドセルを愛用している。
これにより欧米人はランドセルをファッションに取り入れ、ランドセルの使いやすさを知ることとなる。

耐久性に優れた面も評価

タブレットやノートパソコンを入れることができるランドセルの機能面もさることながら、耐久性の高さ、そして、ランドセルの底にきっちりとカギがあることからスリなどに対しての防犯対策にも良い。
他国では真似することが難しい日本の技術力がランドセルにはあるのである。

日本のアニメやドラマも理由に?

アジアなどにもその人気は広がっている。
さらにその人気を広げたのが、今や日本が誇る文化であるアニメや漫画である。
海外でアニメが人気なのはもはや言うまでもないが、その人気アニメのキャラクターがランドセルを背負っているという場面が多くあるのだ。
そこからランドセルへの憧れや認知度が高まっていったのではないだろうか。
今や世界的な市場となった日本のアニメが、ここにきて副産物的なものを生み出したのかもしれない。

また、日本のテレビドラマも世界で多く放送されており、そのドラマの一場面で子どもがランドセルを背負って登場している。
その場面がさらにランドセルの認知度をあげたのではないだろうか。

海外人気でランドセル業界も大喜び

さて、日本のランドセルが人気になり、お土産へと選ばれる理由は、このようなことからきているのではないかな。
今や日本は少子化となり、ランドセル業界も冷え切っていく一方だと思われたが、ここにきて良い風が吹いてきたようだ。
この人気をブームで終わらせたくはないだろう。
業界は一つのファッションやツールとして確立していくことを考えるべきではないでしょうか。


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブーム…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

リンク

カスタム検索

PAGE TOP