裁縫とミシン

甚平の作り方!子供の甚平を手縫いで作れば大人も子供も楽しい!!

子供用の甚平の作り方をご紹介します

子供の甚平姿って、とってもかわいいものですね。
お店で買った甚平も良いですが、せっかくなら手縫いで作ってみたいと思いませんか?

ファイト

甚平を自分で作るなんて難しいんじゃないか・・・
家庭科の成績はイマイチだったし・・・と諦めかけているあなた!!
心配は御無用です。

本記事は子供用の甚平づくりについてご紹介します。

材料や道具は何が必要?

1.生地

肌触りと吸水性に優れていて、縫いやすい綿100%の生地。
柄は豊富に選べますので、好きな柄を選んでください。
子供と一緒に手芸店に行って、子供に選んでもらうのも良いですね。

大きさは150cmあれば充分です。
万が一の時のために200cm用意すれば安心でしょう。

2.ゴム

ウエストに入れるゴムです。
細すぎると腰が痛いので、少し幅広の平ゴムを選びます。

3.裁縫セット

下記の通りです。
既に持っていると思いますので、必要に応じて購入してください。

・チャコペン
・裁ちばさみ
・50cmものさし
・まち針
・しつけ糸
・針、縫い糸
・ミシン、ミシン糸

4.型紙

手芸店では子供用の甚平の型紙が販売されています。
ほとんどがテキスト付きですし、布とセットで販売されているものもあります。

作り方は?

1.型紙の点線にはさみを入れて、型紙を作ります。
2.各部位の型紙を布に乗せたら、まち針で止めていきます。
3.チャコペンで型紙をなぞって印をつけ、縫い代分は余裕を持たせ裁断します。
4.アイロンを使って折り目をつけます。
5.一度しつけ糸で縫い合わせ、サイズの確認をします。
6.上着部分を縫い合わせ、次にズボンを縫い合わせます。
7.ウエスト部分にはゴム通しの穴を作り、最後にゴム紐を通します。

甚平作りのコツと注意点

裁断しやすくするために、アイロンで布のシワを取っておく。
しつけ糸で縫い合わせるのが面倒な場合は、アイロンで接着する仮止めテープを利用するとよいでしょう。100円ショップでも購入することができます。
出来上がったら一度洗濯すると、きれいにのりが取れます。
カーブしている部分は縫い代に切り込みを入れることにより、布の引きつりを防げます。
出来上がった時にまち針を全部外したかどうか、確認をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
手縫いで甚平を作るのは大変ですが、手作りには愛情がこもります。
初めて作った甚平は仕上がりに満足できないかも知れませんが、既製品と違いあなたの愛情がこもりますし、子供が成長した時には思い出の品になるでしょう。
何着か作るたびに、あなたの裁縫スキルも向上していきます。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP