細かいもみじ

紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いは何?


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング


紅葉(もみじ)と言われると楓(かえで)が出てくる。

この紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いとは何だろうか?
それぞれで別の意味や表情があるのだろうか?
しかし、その違いが分からない。

今回はそんな紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いについて解明していこうと思う。

紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いは何?

まず、紅葉(もみじ)と楓(かえで)は植物分類上はどちらも同じである。
どちらもカエデ科カエデ属の植物である。
そもそも紅葉(もみじ)に科や属はない。

焦る

(どうゆうことだ?)

気になっていることだろうが、さらに続けると先ほど述べたが植物分類上、紅葉(もみじ)も楓もどちらも同じであるが、ある世界では明確に区別され意味を表している。

困る医師

(ますます分からない)

ではこれらの意味を一つ一つ明らかにしていこう。

(まるで探偵気分だ)

まず、紅葉(もみじ)とはその漢字が示す通り紅葉(こうよう)を指す。
紅葉(こうよう)、つまり葉が紅く染まることを意味している。
そう、紅葉(もみじ)とは葉が紅く染まる総称である。

紅葉(もみじ)の本来の意味とは特定の樹木の名を指すものではなく、葉が色づくことを意味している。
その意味は紅葉(もみじ)の由来からも見て取れる。

「紅葉(もみじ)」の由来はベニバナの染料を揉みだす様子からきていると言われている。
ベニバナは優しく揉むと色が紅や黄色に染まる。

その様子から「もみ」が「紅(もみ)」を指すようになり、草木が染まる様子がこの染料を染め出す様子に似ていることから、しだいに「もみぢ」と呼ばれるようになった。

そして、楓(かえで)の中でも時に目立って色を変えるものを紅葉(もみじ)と呼ぶようになった。
ゆえに、楓(かえで)が色を変える紅葉(こうよう)をすれば紅葉(もみじ)と名を変えるのだ。
なので、どちらもモノは一緒のため植物学上どちらも同じで違いはないということになる。

(分かってくれたかな?)

さて、ではその違いはないと言われる紅葉(もみじ)と楓(かえで)がある世界ではきちんと区別されている。
その世界とは園芸や盆栽の世界だ。

例えば園芸の世界では葉の切れ込みが深いものを紅葉(もみじ)と呼び、葉の切れ込みが浅いものを楓(かえで)と呼ぶ。

そして、紅葉(もみじ)という科も属もないと言ったがきちんと紅葉(もみじ)と呼称されるものも存在する。
それが、私たちがよく目にする「イロハモミジ」と呼ばれるものだ。
よく紅葉時期に紅葉狩りに行くときに見るのがこの種類だ。
だが、「モミジ」と呼んではいるがカエデ科カエデ属の植物だ。

(まるで何か謎かけをされているみたいだ)

まとめ

さて、どうだったかな?

紅葉(もみじ)と楓は植物分類上その違いはないことは分かってくれたかな?
しかし、園芸や盆栽の世界ではきちんと区別されて呼ばれているのだ。

(ただ、科や属はカエデだ)

紅葉(こうよう)する草木の中でも、楓が最も美しく色を変え私たちの目を楽しませてくれることから紅葉(もみじ)と呼ばれるようになったのだろう。

ぜひ、今年の秋も楓が美しく色を変えた紅葉(もみじ)を鑑賞しに行ってみてください。

楽天ランキング「紅葉」トップ5

1
苗:楓(かえで)曲
レビュー(2)
980円




3
楓(かえで)の舞
レビュー(9)
3,290円


4
フィフティ [ 水壬楓子 ]
レビュー(0)
939円


5
LOVE SO LIFE 17 [ こうち楓 ]
レビュー(2)
463円


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブーム…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

リンク

カスタム検索

PAGE TOP