ローレンシャン高原

海外で紅葉を鑑賞するならカナダがおすすめ!


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング


ふと、思う。
紅葉は日本でしか見られないのか?

それほど海外に紅葉を見に行こうとする日本人はいない気がする。
そもそも、紅葉の美を国内で堪能しすぎている我々は、海外で紅葉を見てもそれほど感動は少ないのではないか?

(いやいや)

実は素晴らしい紅葉を鑑賞できる場所海外にはあるのだ。
それはどこだと?

(そう慌てるな)

その国は紅葉の素晴らしさを掲げる旗で示している。

(そうだ)

聡明なあなたはもうお気付きだろう。

(答えられる前に言ってしまおう)

その国とはカナダだ。

ガッツポーズする男性

(私の方がコンマ1秒早かった、勝利)

誰かな?
子どもかと言った方は。

(子どもで何が悪い)

子どもの心を持ってこそ人生を謳歌できるのだ。

(わがままに)

わがままは私の座右の銘だ。

(迷惑な座右の銘)

人生は短い。

(お前の人生は短いと皆が喜ぶ)

生きていて窮屈では楽しくない。

(まあ、そうだが)

だから私はわがままを通して人生を楽しむ。

(そのせいで、こちらは人生を楽しめない)

旅行にもわがままでいっぱいのプランを立てる。

(お前と旅行に誓って行かない)

そんな私が奨める旅行先はカナダの「メープル街道」だ。
カナダは国旗が示している通りメープル(楓)の美しい風景が広がる国だ。

その中でも秋に訪れる「メープル街道」は紅葉を見慣れている我々日本人でも心弾むはずだ。
今回はそんな海外で紅葉を鑑賞するならカナダのメープル街道をおすすめするお話をさせていただこう。

カナダのメープル街道はどんなところ?

メープル街道

「メープル街道」とはかの有名な「ナイアガラ」から「ケベックシティ」までを結ぶ約800kmの道を指す。
その「メープル街道」でもおすすめしたいのが「ローレンシャン高原」だ。

メープル街道のローレンシャン高原とは?

ローレンシャン高原

黄色、紅の景色が果てしなく続くこの場所はまさに圧巻の美だ。
日本にはおそらくない広大などこまでも続く美しさに心は虜になるだろう。

ローレンシャン高原のゴンドラもおすすめ!

カナダのゴンドラ紅葉

さらに「ローレンシャン高原」には「トレンブラン山」と呼ばれる山の山頂へと行くゴンドラがある。

このゴンドラの運行は時期によるが、運行していればゴンドラで山の山頂まで行くことができるのだ。
そのゴンドラから見える光景は眼下に紅葉の海が静かにあなたを迎える。

さしずめゴンドラは広大な紅葉の海を進む船といった印象を受ける。
しばし、その光景に心を奪われるだろう。

ローレンシャン高原の他にアルゴンキン州立公園もおすすめ!

アルゴンキン州立公園

そして、その「ローレンシャン高原」を南下すると「アルゴンキン州立公園」へと向かう。

東京都の3.5倍ほどの面積を持つこの場所は、秋になると木々たちが美しさを競い合うように紅葉を始める。
広大な森林と湖が織りなすカナダの紅葉の美をぜひ、感じてもらいたい。

そして、最後に「ナイアガラの滝」で締めくくる旅行は満足感と充実感でいっぱいとなるだろう。
また、カナダの紅葉は日本と比べると早い場合が多く、「ローレンシャン高原」の紅葉の見ごろは例年なら9月下旬~10月上旬頃だ。

まとめ

さて、どうだったかな?

日本で紅葉を見飽きたという方にもカナダの紅葉には今一度感動を呼び起こすことになりそうだ。
ぜひ、海外へ旅行する際はカナダの紅葉も選択肢に入れてみてください。

楽天ランキング「カナダ 紅葉」トップ5


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ ブログランキング ブログ王 ウェブランキング 人気WEBランキング ブログランキングならblogram ブログランキング

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブーム…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

リンク

カスタム検索

PAGE TOP