青地にしろのハートのホワイトデー

ホワイトデーはいつ?ホワイトデーのお返しは忘れずに渡そう!

ホワイトデーがいつか知っていますか?

あなたはホワイトデーいつなのか知っていますか?
バレンタインデーにチョコレートをもらったことに満足してしまい、大切な日を忘れてはいませんか?

バレンタインデー2月14日ですね。
ホワイトデーは、バレンタインデーの1カ月後の3月14日です!

ホワイトデーは、バレンタインデーに女性からチョコレートをもらったお返しをする日とされていますね。
そもそもホワイトデーというのは、どのようにしてできたのでしょうか?ホワイトデーの発祥と由来についてご紹介したいと思います。

ホワイトデーの発祥は日本だった!?ホワイトデーの由来とは?

赤い糸でできたハート

なんと驚くことにホワイトデーは日本が発祥なんです。
なんだか少し意外ですね!

日本でバレンタインデーが定着するに伴い、菓子業界でバレンタインデーのお返しをする日を作ってはどうか?という案が出されたんだそう。
これを受け入れた菓子業界で昭和40年代に入ってからというもの、各々が独自の日を定めて飴(キャンディー)やマシュマロ、クッキーなどのお菓子を「お返しの贈り物」として販売するようになったといわれています。

そんなホワイトデーの発祥の由来は、銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が、1978年(昭和53年)バレンタインチョコのお返しとして「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」と、チョコレートが中に入っているマシュマロを「マシュマロデー」として売り出したんだそう。

これを機に、クッキーやキャンディなどを発売する菓子店が続出し、全国に普及したのではないか?と言われていて、この説が最有力ではないかと言われています。

 ホワイトデーのお返しのお菓子にマシュマロは禁!?

ハートの形をしたマシュマロ

先程述べたように、ホワイトデー発祥当初は、マシュマロに「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」という意味が込められていて、マシュマロはホワイトデーのお返しの定番かと思ってしまうところですが、、、

実は、今はホワイトデーのお返しでマシュマロは、マシュマロは口の中でホワッとすぐに溶けてなくなってしまうため、「長続きしない」という意味があるんだそう。
そのため、マシュマロは「あなたのことが嫌いです」という意味合いになってしまうんだとか。
本命の彼女はもちろんのこと、義理チョコのお返しにもあまりおすすめはできないです。

ではどんなお菓子がホワイトデーのお返しには適しているのでしょうか?
同サイト内に詳細情報を載せていますので、そちらも合わせてご覧ください。
 ⇒ ホワイトデーのお返しに意味がある!?知らないと大変なことに!
 ⇒ ホワイトデーは飴に決まり!お返しの意味をあなたは知ってる?

まとめ

いかがでしたか?
ホワイトデーがいつなのか覚えていただけたでしょうか?
そして、ホワイトデーの発祥が日本だったとは驚きですね!
由来からして、日本の文化がホワイトデーを発祥させたのかもしれませんね。

バレンタインデーに贈った女性側としては、ホワイトデーにお返しをもらうのはとても嬉しいものです。
ぜひ今年の3月14日は忘れずにお返しをしましょう!

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP