クッキーとマーブルチョコ

ホワイトデーの由来を知ってますか?海外にもホワイトデーはあるの?

3月のイベントと言えばホワイトデー!

ココアパウダーがかかったハート

ホワイトデーと言えば、2月14日のバレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、1カ月後の3月14日にお返しにお菓子などのプレゼントを贈ることがイベントとして定着していますね。
2月のバレンタインデーに、本命チョコや義理チョコをもらった方は、3月のホワイトデー「お返し」を考えているのではないでしょうか?
頂いたからには、そして、「ホワイトデー」というイベントがあるからにはお返しをしなければ!と思ってしまいますね。

この「ホワイトデー」ですが、一体いつからあるもので、どんな由来があるのかご存知でしょうか?
ホワイトデーの海外事情なども合わせてご紹介したいと思います。

ホワイトデーの発祥は日本!?

白いハート

バレンタインデーの歴史はローマ帝国時代からにさかのぼるほど昔から存在するものです。
日本でバレンタインが流行したのは1958年ごろと言われています。

では、ホワイトデーは、どこの国で発祥したものなのでしょうか?
なんと、、、驚くことにホワイトデーは日本発祥のイベントなんです!
なんだか少し意外ですね!

日本でバレンタインデーが定着するに伴い、菓子業界でバレンタインデーの「お返しをする日を作ってはどうか?」という案が出されたんだそう。
これを受け入れたお菓子業界で昭和40年代に入ってからというもの、各々が独自の日を定めて飴(キャンディー)やマシュマロ、クッキーなどのお菓子を「お返しの贈り物」として販売するようになったといわれています。

バレンタインデーもホワイトデーもお菓子業界の販売戦略だと言われています。

ホワイトデーの由来とは?

左側にハート3つ

そんなホワイトデーの発祥にはいくつかの説があるようです。

不二家とエイワの「メルシーバレンタイン」の開催説

まず一つ目の説は、1973年(昭和48年)のことで、不二家とエイワが協力し、バレンタインデーのチョコレートのお返しに飴(キャンディー)やマシュマロなどをお返ししようとのことで、「メルシーバレンタイン」を開催したとする記録があるようです。

そして、白(ホワイト)には「幸福を呼ぶ」「縁起が良い」という意味があるということで、バレンタインデーの1ヶ月後にと称してホワイトデーを設定したと言われています。

福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」の「マシュマロデー」説

もう一つの説は、銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が、1978年(昭和53年)バレンタインチョコのお返しとして「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」という意味を込めて、チョコマシュマロを「マシュマロデー」として売り出したんだそう。
これを機に、クッキーやキャンディなどを発売する菓子店が続出し、全国に普及したのではないか?と言われていて、この説が最有力ではないかと言われています。

全国飴菓子工業組合の「ホワイトデー」イベント説

もう一つの説は、全国飴菓子工業組合が1980年に東京銀座の百貨店で初めて「ホワイトデー」と銘打って飴やキャンディー、マシュマロを売るキャンペーンイベントを行ったんだそう。
「ホワイトデー」は純潔なイメージから命名されたとのこと。

この様に様々な説があるホワイトデーですが、最近はすっかり定着して、デパートやスーパー、花屋さんなどさまざまなお店で特設会場を設けるなどして、ホワイトデーのイベントに力を入れていますね!

海外にホワイトデーはあるの?

バラとプレゼントボックス

日本では定着しているホワイトデーですが、海外でホワイトデーは存在するのでしょうか?

ヨーロッパ・アメリカではホワイトデーは存在しない!

ホワイトデーは日本独特の文化のため、ヨーロッパ圏、アメリカ圏には存在しないんです!
海外でホワイトデーというと、「なにそれ?」となってしまいます。
アメリカ圏では、ホワイトデーというと、「寝具のセール?」となってしまうんだとか。

バレンタインデーが日本と違う!?

そもそも海外では、バレンタインデーに女性が男性に贈り物をする日ではないんです!
一体どういうことなのでしょうか?
海外のバレンタインデーをご紹介したいと思います。

ヨーロッパのバレンタインデー

ヨーロッパでは、男性から女性に花束を渡したりします。
そして、バレンタインデーの当日は素敵なレストランで食事を楽しむカップルがたくさんいるんだそう。

アメリカのバレンタインデー

アメリカでは、男性から女性にチョコレートを渡します。
そして、さらにアメリカの男性は、好きな女性や恋人のために、レストランなどを予約しておき、チョコレートだけでなく、ジュエリー等他にもプレゼントするんだそう。
アメリカでは、義理チョコという感覚はないようで、好きではない女性に男性が何かを渡すということはないそうです。

海外では、バレンタインデー自体が女性から男性にチョコレートを渡す日ではないため、「お返し」という発想自体がないようですね。

アジア圏にはホワイトデーが存在する!?

ホワイトデーは日本発祥ということもあるのか、お隣の韓国や中国、台湾などのアジア圏にはホワイトデーが存在するようです。
特に韓国には最も浸透しているんだそうです。
韓国ではホワイトデーがエスカレートしているようで、チョコレートをもらっていなくても、男性からからアタックすることもあるんだそうです。
とても積極的ですね!(笑)

そして、韓国には、4月14日にブラックデーというイベントがあるんです!
ブラックデーとは、バレンタインやホワイトデーに縁のなかった男女が、黒い物を飲食する(ジャージャー麺等)日なんだそう。
さらに、韓国では毎月14日は恋愛関係の記念日なんだとか。

まとめ

いかがでしたか?
ホワイトデーの由来、そして、海外でのホワイトデー事情をお分かりいただけたでしょうか?
世界共通ではないことに驚いた方も多いと思います。
海外では日本とは違った様々な過ごし方や、イベントが存在するようですね。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  2. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  3. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  4. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…
  5. スカーチョとスカンツの見分けはつきますか?2016年のトレンドというと、「スカーチョ」「…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP