義理チョコ

バレンタインデーに義理チョコを渡されると迷惑?

バレンタインが近づき、今年も義理チョコをあげなくてはならないと思い悩んでいる女性も多いだろう。
正直、義理チョコは面倒だから贈りたくないという女性も多い。
ふむ、それを言うなら、男性もホワイトデーのお返しが面倒だから欲しくないという方も多いと?

(なるほど)

確かに、男性はお返しが面倒だという方が多い。
なに?
義理チョコをもらえばホワイトデーは倍返ししろと無言のプレッシャーを与えられていると?

企む男

(男性側のあるあるだ)

この意見を見ると義理チョコはいらないんじゃないかと思う。
ふむ、義理チョコなど私クラスになるともらっていないと?

(それは女性陣の義理にさえ引っかからなかったのだろう)

男性側、女性側、双方から義理チョコの習慣は迷惑ではないかと根本的に見直す発言が飛び出している。
なに?
根本的なことだが、バレンタインデーにチョコをもらうのは都市伝説じゃないのかと?

(人生で一度もチョコをもらったことがないことを暴露、悲惨過ぎるので誰かこの方にチョコをあげてやってくれ、義理チョコでいいから)

そこで、今回はバレンタインデーに義理チョコを渡されるのは迷惑なのかについてお話しさせていただこう。

バレンタインに義理チョコを渡されるのは迷惑なの?

義理チョコ

まず、義理チョコ事情について語ろう。
義理チョコは100円~500円、500円~1000円くらいが相場で、ちょうど中間の500円ほどが義理チョコにかけられる予算で一番多いだろう。

(義理チョコを渡す人数によるが)

そして、働く女性は会社内でほぼ全員に義理チョコを贈るようにしているはずだ。
ふむ、男性陣からすると、皆からお返しをいただこうと目算を立てていると思う方もいるかもしれないが、これは後で誰々にはチョコをあげて、誰々にはあげなかったんだってというあらぬ噂を立てられるのを防ぐためだ。

悩む女性

(女性は大変なのだ)

最早、義理というより、義務でチョコを渡している姿が見て取れる。
なに?
義務で渡すチョコももらえない場合はどうすればいいかと?

泣いている男性

(すまない、号泣のためうまく発言できない)

そして、一方、男性は中には本命と勘違いしそうになるので義理でチョコを渡すのは勘違いのもとだという声も上がっている。
これは、女性陣はあきれている方も多い。

(なぜ?)

女性からすれば、本命は2人きりの時に渡したり、チョコの見た目があきらかに違うのだ。
衆人環視のなかで渡すチョコが本命なわけがないのだ。
ふむ、ならばお返しが面倒だから男性からすれば義理チョコは迷惑だと?

(伝家の宝刀を抜いてきた)

しかし、本音はどうなのか?
ふむ、これは本音だと。
では、バレンタインデーに1つもチョコをもらわず帰ってもいいということだな?

(それは…)

どうした?
ふむ、それはそれで、寂しいと?

(本音自供)

そう、男性はバレンタインデーに1つもチョコをもらえないのも、さびしいと感じるのもまた事実なのだ。

額に手を当てる男性

(男心も複雑なのだ)

なので、別に義理チョコなど欲しくないと言っていても、本音は1つもチョコをもらえないのは寂しいしかっこ悪いなと思っている方も多い。
このことを踏まえると、男性に義理チョコを渡すのは迷惑とは限らない。
むしろ、あなたが渡す義理チョコが心のよりどころとなる場合がある。

また、男性は先に述べた女性の義理チョコ事情を今一度、思案し女性も大変だなと、義理チョコでももらえれば気遣ってくれているのだなと、少しくらいは感謝するようにしてあげよう。

まとめ

さて、どうだったかな?

男性には複雑な男心があることは分かってもらえたかな?
あなたが贈る義理チョコが男性の自尊心を保つことにつながるので、今年も義理チョコを準備した方が良いと言えるでしょう。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP