ハートのマカロン

アメリカのバレンタイン!チョコ以外で祝う風習や習慣がある!?

日本と違うアメリカのバレンタイン事情

モテる男性が輝き、モテない男性は日陰を歩かされる。

モテない男性にとっては消えてほしい習慣であり、カップルができないことを祈る日。

(全日本偏見書籍より抜粋)

なに、いきなり、ウソばかりを並べるなと。

彼女にパンチされる男

(ふむ、ばれたか)

しかし、こう思っている方も中にはいるはずだ。

(だとしても、何だ全日本偏見書籍とは、空想の書籍をつくるな、しかも、バレンタインの説明が闇過ぎる)

こんなバレンタインだが

(どんなバレンタインだ)

あなたは女性が男性にチョコを贈る日と思っていないかな。

額に手を当てる男性

(違うのか)

実は、海外では違う場合が多い。

例えば、アメリカなら、女性が男性にチョコを贈るわけではなく、性別関係なく贈り物をする場合が多い。

いや、むしろ男性が女性に贈り物をすることが多いと言っていいだろう。

そう、日本とは真逆なのだ。

アメリカのバレンタインは男性が女性に愛を伝える日として知られている。

日本では、男性はそわそわと今日バレンタインなのかと、知っているくせに知らないふりをする浅ましい姿を多く見られるが、

顔を歪める男性

(こういう男性に限ってチョコはもらえない)

アメリカでは一大決心をし、バレンタインデーに挑む男性が目立つ。

今回はそんな日本と違うアメリカのバレンタイン事情についてお話しさせていただこう。

アメリカのバレンタインについて

まず、アメリカのバレンタインで男性が女性に贈る物はチョコではなく、花束や風船にカード(手紙)を付けて贈る場合が多い。

他にもジュエリーやアクセサリーを贈る方もいる。

鋭い指摘をする男性

(かなりの本気度だ)

そして、レストランを予約し、一緒に食事を楽しむのが一般的だ。

なので、バレンタインデーは人気のレストランは予約でいっぱいになることは珍しくはない。

また、恋人や夫婦で祝うことも一般的であり、このようにパートナーがいる男性も日頃の感謝と愛を伝えている。

(実にアメリカの方は愛を伝えることにまめだ、日本の方にも見習わせたい一面である)

そして、このバレンタインは学校行事としても行われている場所もある。

学校では性別関係なく贈り物をして楽しんでいる。

これは、現在は日本でもよく見られる光景だろう。

(本気チョコはもちろん友チョコなどの友達や先生に贈ることが日本でも見られる)

ただ、このように学校でもアメリカの場合チョコだけではなく花などを贈る場合も少なくない。

また、アメリカでは義理チョコという概念がない。

しかし、上司や家族などに日頃の感謝を贈ることはある。

(日本の義理チョコと言葉が違うだけのような気もするが)

しかし、義理と感謝ではやはり、感謝の方が言葉としての響きがいい気がするので、日本でも義理チョコから感謝チョコに呼び名を変える日が来るかもしれない。

(私的な予想なので無視して結構)

まとめ

さて、どうだったかな?

日本と違うアメリカのバレンタイン事情は知ってもらえたかな。

日本では一般的に女性から男性にチョコを贈るが、アメリカでは主に男性から女性へ贈り物を贈り、愛と感謝を伝える日となっている。

だが、日本もアメリカも愛を伝える大切な日であることには変わりないのかもしれません。

カスタム検索

最新トレンド記事一覧

  1. しっとうとマラソン
    明治神宮野球場で福岡を楽しむマラソンイベント開催!なんでんかんでん川原浩史・つば九郎がサポーター…
  2. 幸せのパンケーキ
    あなたはもう行った?表参道・青山のおすすめパンケーキ好き「幸せのパンケーキ」パンケーキブ…
  3. ボールに入っている小麦粉
    小麦粉アレルギーの大半は「ダニ」に反応していた!?「小麦粉アレルギー」という言葉を聞いた…
  4. アリオ柏2
    セブンパークアリオ柏がグランドオープン!2016年の春、4月25日に千葉県の柏市にセブンパークア…
  5. 風になびかれる笑顔の女性
    スカーチョとスカンツは2016年のトレンドアイテム!昨年のガウチョパンツに引き続き、今年…

スポンサーリンク

カテゴリー

Twitter

リンク

カスタム検索

PAGE TOP